海角七号が日本で公開へ

海角七号/Cape No.7・・・

台湾で歴史的なヒット作となった映画で、当サイトでもストーリーのあらすじ、同時に、海角七号の舞台となった屏東県恒春鎮に関し、名勝地や歴史的経緯などを紹介しましたよね。


さて、この「海角七号/Cape No.7」(監督・脚本 魏徳聖)ですが、ついに日本でも劇場にて公開されることが決定したようです!

日程は2010年の新春からの公開となり、日本でのタイトルは『海角七号 君想う、国境の南』となるようです。シネスイッチ銀座以降、全国にて順次公開・・・とされています。

台湾映画としては過去最大のヒットとなり5億台湾元をオーバーする興行収入となり、台湾国内で放映された外国映画を含めても歴代2位の記録となっています。

台湾国内の映画祭のみならず、海外の映画祭でも注目されました。以下、一覧をリストアップしてみますね。

■台湾金馬奨
・最優秀台湾映画賞
・作曲賞
・主題歌賞
・助演男優賞 など6部門を独占

■ハワイ国際映画祭
・作品賞

■台北映画祭
・グランプリ
・撮影賞
・観客賞

■アジア海洋映画祭イン幕張
・グランプリ

■アカデミー賞外国語映画賞に台湾代表として出品


当サイト内の海角七号の関連記事

HAVE A NICE 台湾ロングステイ!!


 

~PROFILE~

MOTOです。
2003年に初訪台し約1年の滞在で強烈な台湾ファンに!
その後も訪台し、2008年には台湾のNPO法人さんとお仕事した際に超大まかながら台湾一周を実現。
2013年、好きが高じて台湾に移住。現在、トータルの海外在住歴19年目に突入。

最近食べ歩きばっかりしてますが、体脂肪率は19%台を何とかキープ。
でも深刻なチョコレート依存症(笑)

雑誌「anan」に掲載されました。

ananpic


→さらに詳しいプロフィール

~登場人物~

アイリン。
日本生まれの日台ハーフ。小学校から高校まで台北、大学4年間は日本、現在は台北在住。
2015年3月より「MOTOとアイリンのエンディングトーク」に出演。(記事の最初の部分にも結構出てます)

Twitter

月別アーカイブ

ヤフーカテゴリー登録サイト

台湾ロングステイ再び!はヤフーカテゴリ登録サイトです。
ページ上部へ戻る