五股西雲寺

台湾の重要な仏教聖地

五股西雲寺は「亀山厳」、「獅頭厳」、「西雲厳寺」又は「大士観」と呼ばれ、その他に、五股郷のもう一つのお寺である「内厳」と呼ばれる凌雲禪寺と対称して、「外厳」と言う呼び名もあり、観音菩薩が主体に祀られています。


清代の乾隆17年(1752年)に胡氏が土地を寄付しお寺が設立されました。その後、嘉慶16年(1811年)に、五股郷の人々が資金と土地をあらたに寄付し、さらに大きく増築されています。

五股西雲寺は、台湾の重要な仏教の聖地であると共に、五股郷の名勝の一つとなっています。

日本統治時代は、

・基隆の霊泉禅寺
・苗栗の法雲寺
・台南の開元寺

と並んで台湾の四大仏教聖地と呼ばれていた程なんですね。

民国18年の台湾の「宗教台帳」の記載によると、西雲寺の土地坪数は約1,020坪ほどあり、建物の坪数は102坪余りとされ、臨済宗妙心寺派に属する形となっています。

建築形式は、伝統的なミン南式三合院を採用され、全体的に節度のある質素な造りになっています。派手な装飾も多くなく、正殿以外は一般的な民宅のようであり、装飾も簡単で質素が原則とされているんですね。

このお寺は、民国74年8月19日に第三級古跡に指定されました。(所在地は台北県五股郷成州村西雲路179巷3号)

HAVE A NICE 台湾ロングステイ!!


 

~PROFILE~

MOTOです。
2003年に初訪台し約1年の滞在で強烈な台湾ファンに!

その後も何度も訪台し、2008年には台湾のNPO法人さんとお仕事した際に超大まかながら台湾一周を実現。2013年、好きが高じて台湾に移住。

外食ビジネスを営む家で育つ。祖父は製麺工場。

そんな流れで台北では食べ歩きばっかり(笑)ワークアウトしてるので体脂肪率は17~18%台を何とかキープ。でも深刻なチョコレート依存症(笑)

マガジンハウス社の雑誌「anan」に掲載されました。

ananpic


→さらに詳しいプロフィール

~登場人物~

アイリン。
日本生まれの日台ハーフ。小学校から高校まで台北、大学4年間は日本、現在は台北在住。
2015年3月より「MOTOとアイリンのエンディングトーク」に出演。(記事の最初の部分にも結構出てます)

Twitter

月別アーカイブ

ヤフーカテゴリー登録サイト

台湾ロングステイ再び!はヤフーカテゴリ登録サイトです。
ページ上部へ戻る