肉まんの歩き売りがやってきた!

f-2013-05-012020.26.15-508c5

家で夕飯にちまきを食べていたら、「饅頭(まんとう)!・・・饅頭(まんとう)!」という声が外から聞こえてたので窓からのぞいてみると、「饅頭」「包子」と白抜きの大きな字で書かれた赤いコンテイナーが積まれたワゴンみたいなものを手で押しながら売り歩いているお兄さんを発見!


嫁が「この辺りに時々来る饅頭売りの人が来たー」と言ったので買ってみることにしました。外に出ると既にお客さんが集まっている状態!!台湾では軽トラを改造してちまきを売りに来たりってのは結構ありますが、手押しで饅頭を売りに来るっていうのは若干珍しさを感じます。

写真撮ってブログにアップして良い?・・・と英語で聞くと、「勿論、ぜひ載せてー!」という返事だったので、台湾の庶民的な文化の1つという感じで紹介してみます。いい表情してますね。


赤いコンテイナーの中には、既に小分けられた饅頭や肉まんが詰まっていて、いろんな饅頭や肉まんを5個単位で売っていました。

初めてのお客だなってわかったみたいで、すぐにプレーンの饅頭を試食させてくれました。黒糖を練り込んで作ってある黒糖饅頭でしたが絶妙で深い甘さが旨!!それが5個で60元なんで当然安い!!

これはイケそうだと思い、他に何があるか聞くと「鮮肉包(肉まん)」と、「竹筍肉包(竹の子入り肉まん)」「芝麻包(胡麻まん)」などがあり、それらは5個で100元とのこと。こちらもかなり安い!!


ってことで、肉まんと竹の子入り肉まんをミックスで5個にしてもらい100元でお買い上げとなりました。
こちらは試食してなかったので、既に夕食はほぼ終わっていたんですが、思わず肉まんと竹の子入り肉まんを実食。こちらも美味しかった!

台湾では肉まん、ちまき、まんとうなどは普通に食事として食べるので、冷蔵庫には常時キープしておきたい食品。なので、おいしくて安く買えるものはかなり重宝します。おもわず2つも食べちゃったので3つしかキープできなかったですが、定期的に売りに来てくれるので次回も買うことにしました。

美味しいものが安くて、おまけに手軽。台湾って食い倒れの国だよなーってつくづく思います。


 

~PROFILE~

MOTOです。
2003年に初訪台し約1年の滞在で強烈な台湾ファンに!
その後も訪台し、2008年には台湾のNPO法人さんとお仕事した際に超大まかながら台湾一周を実現。
2013年、好きが高じて台湾に移住。現在、トータルの海外在住歴19年目に突入。

最近食べ歩きばっかりしてますが、体脂肪率は19%台を何とかキープ。
でも深刻なチョコレート依存症(笑)

雑誌「anan」に掲載されました。

ananpic


→さらに詳しいプロフィール

~登場人物~

アイリン。
日本生まれの日台ハーフ。小学校から高校まで台北、大学4年間は日本、現在は台北在住。
2015年3月より「MOTOとアイリンのエンディングトーク」に出演。(記事の最初の部分にも結構出てます)

Twitter

月別アーカイブ

ヤフーカテゴリー登録サイト

台湾ロングステイ再び!はヤフーカテゴリ登録サイトです。
ページ上部へ戻る