台湾開催のマラソン大会 ING台北国際マラソン

ロングステイテーマであり健康増進のテーマでもあり

最近注目しているものに、マラソン(馬拉松)があります。マラソンに取り組んだことのない私などにしてみますと、「マラソン完走」ってちょっと違う世界の言葉って感じします。


でも、フルマラソンじゃなくたっていいんですよね。最初はハーフマラソン、いや、もっと短い5キロマラソンなどでも全く問題ないと思います。イベントに参加すれば、それ自体楽しむことができますし、参加するまでの準備も考えれば非常に健康的な取り組みです。

そうやって、最終的にはフルマラソン完走・・・段階的に辿り着ければいいんです。42.195キロのフルマラソンを大好きな台湾で完走できたら最高だと思いませんか?

ロングステイまでいかなくても、日程をうまくあわせれば、短期旅行でも台湾でのマラソン大会に参加することは十分可能です。専門のツアーもありますよね。

今回お伝えするのは、台湾で最大規模である「ING台北国際マラソン」です。(英語表記:ING 2007 Taipei International Marathon)

台北国際マラソンの詳細

★日程とスタート地点

  • 2007年12月16日 午前7時
  • (2007年11月15日迄/郵送による申し込みは11/15の消印有効)

  • 台北市政府広場からスタート

★レースの項目

  • フルマラソン
  • ハーフマラソン(21キロ)
  • ショートマラソン(10キロ)
  • ファンラン(台湾市政府周辺を1周)

★参加費(1台湾元=4円にて試算しています)

  • フル=900元/3600円
  • ハーフ=700元/2800円
  • ショート=400元/1600円
  • ファンラン=無料

★上記にプラスして、フルマラソン&ショートマラソン参加者は

  • チップ保証金(タイム計測の為)=100元/400円
  • 手続き手数料(日本での申請のみ)=3000円

日本にてフルマラソンの参加申請をすると、総費用は7000円ですね。(10位以内に入賞すると賞金が出るようですが、ここでは割愛します)

この台北国際マラソンは台湾で最大規模であると同時に、およそ10万人が参加する市民マラソンとして、世界でも有数の大会となっているようですね。

コース編成も、台北市政府、台湾民主紀念館、中山南路の官庁街、圓山大飯店、士林官邸、基隆河、市民大道、台北101等、国内外の観光客から注目度のの高いスポットを巡るコースとなっています。興味のある方は以下までお問い合わせしてみてください。

日台スポーツ・文化推進協会
 
⇒ http://nittai-sc.jp/

ちなみに、私は2008年のレースに挑戦したいと考えています。
まず体力づくりからですね。 Σ( ̄□ ̄|||)

今回お伝えした記事の内容は2007年向けのものですが、今後もこの大会は継続して開催されていくと思われます。2007年以降も、日台スポーツ・文化推進協会や、台北駐日経済文化代表処等のサイトにて、各年の最新の情報を入手できるでしょう。


 

~PROFILE~

MOTOです。
2003年に初訪台し約1年の滞在で強烈な台湾ファンに!

その後も何度も訪台し、2008年には台湾のNPO法人さんとお仕事した際に超大まかながら台湾一周を実現。2013年、好きが高じて台湾に移住。

外食ビジネスを営む家で育つ。祖父は製麺工場。

そんな流れで台北では食べ歩きばっかり(笑)ワークアウトしてるので体脂肪率は17~18%台を何とかキープ。でも深刻なチョコレート依存症(笑)

マガジンハウス社の雑誌「anan」に掲載されました。

ananpic


→さらに詳しいプロフィール

~登場人物~

アイリン。
日本生まれの日台ハーフ。小学校から高校まで台北、大学4年間は日本、現在は台北在住。
2015年3月より「MOTOとアイリンのエンディングトーク」に出演。(記事の最初の部分にも結構出てます)

Twitter

月別アーカイブ

ヤフーカテゴリー登録サイト

台湾ロングステイ再び!はヤフーカテゴリ登録サイトです。
ページ上部へ戻る