台湾の天気・気候(気温・降水量) 梧棲編

uchi95

梧棲鎮は台中県の西側、海に面する港街です。「台湾の海鮮を観光漁港で! 梧棲魚港観光魚市編」の記事内でもお伝えしましたが、大規模な観光漁港があり、海鮮の豊富な街ですよね。ここもロングステイ中に訪れる方は多そうですね。


歴史は古く、清朝の時代に福建で海上交易が興った頃より、急速な発展が始まったようです。歴史探訪がロングステイのテーマになっている方は、ぜひ訪れてみるとよい場所ですよね。 日本統治時代の名残もあり、非常に長い期間の歴史に触れることができると思います。

さて、それでは梧棲の気候についてお伝えしていきます。

梧棲の気候:平均気温・降水量・湿度

uchi95.jpg

  • 年間降水量 1283.0ミリ
  • 年間降雨日数 95日
  • 年間平均気温 22.8度
  • 年間平均湿度 78%
  • 年間平均最高気温 26.3度
  • 年間平均最低気温 20.0度



梧棲の気温

中央気象局によると、梧棲地域の年間平均気温は22.8度、月平均気温は6-9月が比較的に高めで、ほぼ27度以上になっています。

4-10月は30度以上の高い気温になる日も出てきます。12月から翌年3月頃まではほぼ19度以下で、春秋の方が比較的、観光・ロングステイ等に適していて、冬季はやはり上着が必要となります。



梧棲の風

6-8月は東南風が吹き、平均風速は5等級以下になります。その他の月に関しては、北風又は東北風が顕著です。

12月の平均風速は8.2等級で、最大風速10等級に達する突風が吹く事もしばしばです。このため、夏季を除き、波風は比較的に強く、特に冬は一段と強くなっています。



梧棲の降水量

この地域は海洋性気候地域になるため、降雨量は春夏に多く、秋冬は少ないというのが基本形です。

5-8月は梅雨期に加え、台風により大量の雨が降り注ぎます。この時期の総雨量は一年の60%を占め、出かける際は雨具を忘れずに。



梧棲の気候の総括

データを見て、特に目を引くのが降水量が少ないことですね。降雨日数も少なく、1年の3分の1以下におさまってますね。降水量に関しては台湾でも有数の地区だといえますね。

海辺の街ですから、やはり海からの風が結構あるようですね。風で体が冷えないように何らかの対策が必要でしょう。

ただ、気温も温暖で、他の都市と比較すれば、降水量・降雨日数が非常に少ないと言えるので、ロングステイにはもってこいの街と言える事もできるでしょう。風と台風への対策を万全にすれば、様々なテーマのロングステイの受け皿になってくれる街だと思います。

tag:台湾・夜市・臨江街観光夜市・通化街夜市・台湾小吃・朝市・家具・グルメ


 

~PROFILE~

MOTOです。
2003年に初訪台し約1年の滞在で強烈な台湾ファンに!
その後も訪台し、2008年には台湾のNPO法人さんとお仕事した際に超大まかながら台湾一周を実現。
2013年、好きが高じて台湾に移住。現在、トータルの海外在住歴19年目に突入。

最近食べ歩きばっかりしてますが、体脂肪率は19%台を何とかキープ。
でも深刻なチョコレート依存症(笑)

雑誌「anan」に掲載されました。

ananpic


→さらに詳しいプロフィール

~登場人物~

アイリン。
日本生まれの日台ハーフ。小学校から高校まで台北、大学4年間は日本、現在は台北在住。
2015年3月より「MOTOとアイリンのエンディングトーク」に出演。(記事の最初の部分にも結構出てます)

Twitter

月別アーカイブ

ヤフーカテゴリー登録サイト

台湾ロングステイ再び!はヤフーカテゴリ登録サイトです。
ページ上部へ戻る