台湾の医療機関 台北市編 馬偕記念病院

馬偕紀念醫院のインフォメーション

名称: 馬偕紀念醫院(馬偕記念病院)
英語表記: Mackay Memorial Hospital
住所: 台北市中山北路2段92号
Tel: (02)2543-3642
FAX: (02)2543-3642
WEBサイト: http://www.mmh.org.tw/index.asp
台北を拠点にロングステイされる方はご参考に。


その他のインフォメーション

  • 台北県の淡水、台東市、新竹市にも分院があります
  • オンライン診療予約受付サービスサイト:
    http://www.mmh.org.tw/regis/regis.asp
    サイト内の「台北院區門診掛號作業」をクリック
  • 外来診療時間表のダウンロードサイト:
    http://www.mmh.org.tw/regis/regis3.asp

馬偕紀念醫院の診療科等の案内

■内科
循環器内科、消化器内科、呼吸器内科、血液・感染内科、リウマチ内科、腎臓内科、内分泌・代謝内科,その他

■外科
一般外科、形成外科、小児外科、神経外科、心臓血管外科、消化器外科、呼吸器外科、その他

■産婦人科
一般産科学科、合併症妊娠学科、婦人科泌尿学科、各種婦人科腫瘍学科、不妊症センター、その他

■小児科
一般小児科、小児感染科、新生児科、小児過敏免疫科、小児急救看護学科、小児腎臓科、小児循環器科、小児神経科、小児胃腸科、小児内分泌科、 小児血液・腫瘍科、小児遺伝科、児童急性症医学科、その他

■その他
神経内科、精神科、形成外科、リハビリテーション科、耳鼻咽頭科、皮膚科、眼科、放射線腫瘍科、家庭医学科、泌尿器科、救急医学科、臨床検査科、歯科、口腔外科、薬剤室、その他

■医療関連部門
核医学科、病理診断科、臨床検査科、血液製剤管理庫、麻酔科、放射線科、台北手術室、淡水手術室、その他

■特殊医療ユニット
コミュニティーヘルス・センター、児童早期療育、栄養医療グループ、人体実験委員会、火傷センター、感染管制センター、臨床技能訓練センター、自殺防止センター、癌予防センター、美容医療センター、高濃度酸素センター、実証医学センター、放射線防護管理委員会、緩和医療教育センター

前身は滬尾偕医館

馬偕記念病院は、故ジョージ・レスリー・マッカイ(Geroge Leslie Mackay)、通称「Dr.馬偕」又は「馬偕博士」の台湾における偉大な功績を称え、建設された記念病院です。

イエス・キリストの教えにのっとり、「キリスト救世の精神を持って、病に冒された肉体、精神、魂を治療する」と言う趣旨に基づいており、ロゴマークは、「Burn out rather than rust out ⇒錆び壊れるより、むしろ燃え尽きたい」というDr.馬偕の精神を代弁しています。

1844年3月21日生まれのスコットランド系カナダ人である馬偕博士は、1872年3月9日にカナダの長老教会から台湾に宣教師として派遣され、淡水鎮を中心に布教活動を行う一方、医師、教育者としても精力的に活動し、1880年に台湾北部で初の西洋医学の病院「滬尾(=今の淡水)偕医館」を設立しました。

当時の「偕医館」は、病歴ファイル、医学報告、初診・再診の受診登録制度、衛生保健、民衆教育等、全ての分野において非常にレベルの高い診療所であったようです。

又、医館での診察治療以外にも、医療の普及のため、弟子を連れて様々なエリアに出向き、最終的には、北台湾のほとんどの場所にその足跡を残してきました。

時代をリードしてきた馬偕記念病院

「偕医館」は馬偕博士の死後、しばらく閉鎖されていましたが、カナダにある長老教会から新たに医師が派遣され、1905年に再開されました。

1911年、派遣されてきた医師達の提案で、医療センターが淡水から台北に移され、規模を拡大して建てられた新病院を、「馬偕記念病院」と命名し、現在に至っています。

日本統治時代の1943年10月から約2年半の間、「博愛会本部医院」と改名されていたこともありますが、その後も1966年の小児麻痺リハビリセンター設立、1967年の、台湾初のICUを12床を取り入れるなど、常に時代をリードしてきました。

続いて、1969年には、東南アジアを含め初の「自殺予防治療センター」を設立、「命のホットライン」などの電話相談を開始。1990年に台湾で最初の緩和療養病室を18床設置。これにより、台湾は世界で第18番目のホスピス・ケア機関を有する国となりました。いろいろな面でその姿勢に好感が持て、安心してロングステイができそうです。

博士や馬偕記念病院が果たしてきた功績は非常に大きく、1995年、台北県政府はその貢献を称えるため、偕医館付近に博士の銅像を贈呈。2001年6月1日には、馬偕博士没100周年記念切手発売記念セレモニーがとり行われました。さらに、2001年、淡水鎮は馬偕博士の命日である6月2日を馬偕記念日と定めるなど、博士の功績は非常に大きなものであったことが偲ばれます。


 

~PROFILE~

MOTOです。
2003年に初訪台し約1年の滞在で強烈な台湾ファンに!

その後も何度も訪台し、2008年には台湾のNPO法人さんとお仕事した際に超大まかながら台湾一周を実現。2013年、好きが高じて台湾に移住。

外食ビジネスを営む家で育つ。祖父は製麺工場。

そんな流れで台北では食べ歩きばっかり(笑)ワークアウトしてるので体脂肪率は17~18%台を何とかキープ。でも深刻なチョコレート依存症(笑)

マガジンハウス社の雑誌「anan」に掲載されました。

ananpic


→さらに詳しいプロフィール

~登場人物~

アイリン。
日本生まれの日台ハーフ。小学校から高校まで台北、大学4年間は日本、現在は台北在住。
2015年3月より「MOTOとアイリンのエンディングトーク」に出演。(記事の最初の部分にも結構出てます)

Twitter

月別アーカイブ

ヤフーカテゴリー登録サイト

台湾ロングステイ再び!はヤフーカテゴリ登録サイトです。
ページ上部へ戻る