台湾のホテル 宜蘭民宿編 親水民宿

親水民宿のキーワードは、夏・家族連れ・ゆっくり滞在!

台湾の景観21


親水民宿は、国際童玩節(国際民俗学・フォークゲームフェスティバル)が開催される冬山河親水公園から歩いて約1分のところにあり、まさに公園と隣り合わせの民宿です。

見出しの中でも書いたように、ここ親水民宿は「夏・家族連れ・ロングステイ」というキーワードがピッタリの場所なんです。

国際童玩節は子供が楽しめるフェスティバルで、私自身が子供の頃に訪れていたとしたら、きっと忘れられない思い出になったであろうイベントです。

国際童玩節の詳細はこちらから(←音声付のサイトです。アクセスする前にボリュームをチェック!)

ロングステイとまでいかなくても、日本から非常に近い台湾へ家族を伴って出かけ、親水民宿を拠点にこのようなイベントを楽しむのも非常に楽しいはずですよね。又、お孫さんの夏休みを利用して、祖父母と孫のロングステイなどもおもしろそうです。



親水民宿で一味違うロングステイを

あまり賑やかなのは得意じゃない・・・そんな方は、フェスティバルが開催されていないシーズンを選ぶと良いかもしれません。フェスティバル開催時とはまた違った印象の冬山河親水公園をしっかりと満喫できます。

夜10時まで園内の全エリアをカバーするかのようにに明かりが点灯されていて、ロマンチックな夜の公園を体感できるんです。治安も悪くないので、地元の台湾人にもおすすめのスポットになっているようですよ。

さらに、朝は家族で冬山河畔の自転車専用道路をサイクリング。優雅で美しい河の景色と、緑に光り輝く稲畑の景色に囲まれて爽快なロングステイライフを送ることができます。

顔にそよ風を受けながら河岸の草原の上で寝そべって昼寝・・・そんなことも十分に可能なんです。

さてさて、肝心な親水民宿の施設についてですが、シンプルながら、整理整頓がきちんとなされ、清潔感のある居住環境がしっかりと提供されるようです。

リビングルームエリアの天井も高く設計され、圧迫感のない心地よい雰囲気もありますし、キッチンと冷蔵庫は宿泊客が自由に利用できるようになっています。

室内の全てのエリアが禁煙なので、タバコのにおいの心配はなさそうです。お子さんやお孫さんを連れてのロングステイに最適ですね。



親水民宿の台湾人利用者の声

  1. 親水公園へはとても近くて便利。
  2. 部屋は綺麗で、女将さんもとてもいい人。自転車の貸し出しもある。夜は星が見えて最高。
  3. 冷房、テレビ付き。
  4. 連続2年ここに泊まっている。値段が良心的で、部屋も悪くない。
  5. 冬山河まで歩いて数分程度。宿泊設備はシンプルだが、基本的に一通り揃っており、部屋も清潔。それらと値段を比較すると非常に合理的であり、子連れのファミリーにおススメします。
  6. サービスが丁寧。親水公園のすぐそばで交通の便が良く、値段も安い。

リーズナブルな料金設定の優良民宿という印象です。ここまで低料金だと、通常は紹介するに値しないケースが多いのですが、こちらの親水民宿は低料金ながらなかなか良いサービスを実現しているようです。

大きな規模の公園、そして川のすぐ近くに位置し、1年中いろんな楽しみ方ができる環境なので、このような低料金で清潔な住環境を提供してくれる民宿はまさにロングステイにピッタリだと思います。

リピーターもかなり多いようですし、台湾人の宿泊経験者からもなかなかの評価を得ているようです。これと言って問題になるようなマイナス意見は見当たりませんでした。

ロングステイにとって宿はとても大事ですよね。先に宿ありきではないんですが、このような環境にこのような宿があると、ついこのエリアをロングステイで訪れたいと思ってしまうので不思議です。



親水民宿のインフォメーション

  • 名称:親水民宿/Qin Shui House
  • 料金:平日ダブル(2名利用)1000台湾元より、4人部屋が1600元より、6人~15人対応のざこ寝タイプが2000元より。
  • 食事の有無:朝食付き(中華風&西洋風)
  • 設備:バーベキューエリア、自転車レンタル等
  • チェックイン:14:00
  • チェックアウト:11:00
  • オンライン予約:有り
  • クレジットカード:有り
  • 駐車場:有り
  • お迎えサービス:なし
  • 電話連絡先:886-3-950-7186
  • ファックス番号:886-3-950-6039
  • ホームページアドレス:
  • http://www.chinwater.com.tw/
    *料金・サービス内容等に関しては、必ず再確認されてくださいね。


 

関連記事

~PROFILE~

MOTOです。
2003年に初訪台し約1年の滞在で強烈な台湾ファンに!
その後も訪台し、2008年には台湾のNPO法人さんとお仕事した際に超大まかながら台湾一周を実現。
2013年、好きが高じて台湾に移住。現在、トータルの海外在住歴19年目に突入。

最近食べ歩きばっかりしてますが、体脂肪率は19%台を何とかキープ。
でも深刻なチョコレート依存症(笑)

雑誌「anan」に掲載されました。

ananpic


→さらに詳しいプロフィール

~登場人物~

アイリン。
日本生まれの日台ハーフ。小学校から高校まで台北、大学4年間は日本、現在は台北在住。
2015年3月より「MOTOとアイリンのエンディングトーク」に出演。(記事の最初の部分にも結構出てます)
最大の悩みは、実物よりイラストの方がちょっとだけ可愛いこと!

Twitter

月別アーカイブ

ヤフーカテゴリー登録サイト

台湾ロングステイ再び!はヤフーカテゴリ登録サイトです。
ページ上部へ戻る