台湾のホテル 九分(九イ分)民宿編 雲在山房民宿

雲在山房民宿で「滞在」を楽しむ

雲在山房民宿のヨーロピアンテイストたっぷりの庭園風建築は、カナダの”プリンスエドワード島(Prince Edward Island)”を彷彿させ、雲在山房民宿が人に与える印象は、まるで小説「赤毛のアン(”Anne of Green Gables” 台湾では”清秀佳人”)」のグリーン・ゲイブルズに建つアンのお家のよう・・・


何だか少し現実離れした印象ですが、実際、台湾人の利用者からはこんな声ばかりが聞こえてきます。

DIYが趣味のご主人は、ハーブや花を栽培していて、愛情を込めて育てられたハーブなどの草花はやがてダイニングテーブルの飾りになったり、香辛料になったりし、時にはナプキンの上の押し花に変身したりと、随所にオーナーの心遣いやパーソナリティーを感じる事ができます。

映画に出てくるような四つ足の付いたバスタブに、ジャスミン、バラやラベンダーなどのハーブティーを浮かべて入浴。バルコニーから海と山を一望しながら、九分の街の喧騒の中で静けさを堪能する。

何だか、ちょっといい感じなロングステイが実現しそうです。



雲在山房民宿の「27階庭園珈琲」で台湾コーヒーを

280度見渡すことが出来る「27階庭園珈琲(27階庭園カフェ)」では、オーナー自らが作る料理やデザートを、阿里山産の台湾コーヒーと一緒にいただくことができます。

いつかは台湾コーヒーに関する記事をお伝えしようと思っていたのですが、まさか九分の民宿をご紹介する記事でとは思っていませんでした。こちらの雲在山房民宿、かなりこだわりのある民宿という印象が強いです。

山を背景に、目の前に広がる境界線のない基隆の紺碧の海と空を見渡しながら、こだわりの宿のこだわりのカフェで料理やコーヒーをいただく・・・

こちらのカフェ、座席数は15~20程で、なんと予約が必要です。予約時間は午前9時から午後10時までで、たまにオーナーが外出していて不在の時がありますが、その際は0958-358-943、又は、2406-3077までご連絡を。



雲在山房民宿での宿泊について

九分にあるこの雲在山房民宿は、1日に2組までという非常に限られた数の宿泊客しか利用することができません。

お値段は2人用「雙人蜜月套房(ハネムーン・スイート)」で週末・祝日は3200元、平日2600元。朝食付きで、当然、予約が必要です。1人増えるごとに600元がプラスされます。

4人用の「四人歡聚套房(ハッピートゥギャーザー・スイート)」は、週末・祝日3800元、平日3200元。こちらも朝食付きです。

部屋に限りがあるので、予約したら2日以内に全額を振り込むシステムになっています。期限までに振込みがない場合は、部屋が他の予約客へスライドします。

予約の変更をしたい場合、1週間前までに連絡すれば、予約を1年間はキープできるようです。

ただ、当日と前日の変更・キャンセルは受け付けず、1年間のキープや返金も対応しません。まあ、これは当然ですよね。

部屋の中は禁煙で、ペットや酒類の持ち込みも禁止です。さらに環境保護のために、タオル、歯ブラシ、歯磨き粉の持参をお願いしているようです。

なんだかちょっとうるさい民宿だなあ・・・そう感じますよね。でも、以下の台湾人利用者の声をチェックしてみてください。正直、こちらの民宿はロングステイに利用する価値アリ! そんな印象ですよ。



雲在山房民宿の台湾人利用者の声

ここ雲在山房民宿は、はっきり言って全台湾の中でもかなりの人気を誇っている民宿です。日本のいわゆる「民宿」のようなイメージとは全く違う、という捉え方をした方がしっくりくると思います。
マイナス意見はほぼ見当たりません。今回は、台湾人利用者の声をそのまま掲載してみましょう。

◆民宿らしくない民宿、オーナーらしくないオーナー。一度行くと絶対に次もいきたくなる。オーナーのプロフェッショナルな紹介に基づき、九分、金瓜石、茶壷山を訪れ、今までの九分のイメージと全く違ったものを感じた。私にとって、もはや九分は単なるオールドタウンではない。

◆オーナー夫婦2人ともとっても親切で、部屋も綺麗。非常に素晴らしい民宿です。

◆週末に友達と訪れた。部屋は暖かで綺麗で清潔。大自然の景色、オーナーのプロフェッショナルなガイドもつけ加えたら、ここ雲在山房民宿の全てに最高の評価をしたい。ロングステイにも最適。前回訪れた九分のオールドストリートとは違う景色を目の当たりにし、オーナーのためにもこの民宿を強く推薦したい。

◆九分の美、感性、知性を理解したいならば、ここ雲在山房民宿でしかそれは実現しないだろう。オーナーはとにかくプロフェッショナルな九分の解説員。あなたに九分の過去から現在までの歴史までを理解させてくれ、繁栄から衰退までの過程の詳細を教えてくれます。どこで砂金を見ることが出来るかなど、今までの私の経験とは全く違った九分の一面を知る事ができた。



雲在山房民宿へのアクセス

◆台北から:
台北から基隆客運のバス「金瓜石行き」の便に乗車。「九分派出所駅」で下車。所要時間は約1.5時間。

◆基隆から:
基隆から基隆客運のバス「金瓜石行き」の便に乗車。「九分派出所駅」で下車。所要時間は約50分。

◆台北方面から台湾鉄道で:
東部幹線「蘇澳、・花蓮行き」に乗車、「瑞芳駅」にて下車。基隆客運のバスで「金瓜石行き」の便に乗りかえ「九分派出所駅」で下車。又はタクシーに乗り換えて「台陽パーキング」そばの「明聖宮」付近で下車。



雲在山房民宿のインフォメーション

  • 名称:雲在山房民宿
  • 料金:平日ダブル(2名利用)2600台湾元より、4人部屋が3200元より
  • 食事の有無:朝食付き
  • 駐車場:なし
  • 電話連絡先:886-2-2406-3077
  • 予約専用番号:0958-358943(携帯電話)
  • ホームページアドレス:
  • http://www.cafe27.net/
    *料金・サービス内容等に関しては、必ず再確認されてくださいね。

今回ご紹介している雲在山房民宿は3つの部屋しかない上に、そのうちの1つはVIPルームとなっていて実質的には2部屋しかありません。

1日に2組の宿泊客のみしか受け入れない状況で、オープンしてからまだ数年しかたっていないこともあり、情報は比較的少なく、かなりプライベートな印象の民宿です。

よって、台湾でのロングステイ、及び台湾に関していわゆる上級者の方々におすすめの宿泊施設かな・・・と感じています。我こそはという方は、ぜひチャレンジしてみてください。


 

~PROFILE~

MOTOです。
2003年に初訪台し約1年の滞在で強烈な台湾ファンに!
その後も訪台し、2008年には台湾のNPO法人さんとお仕事した際に超大まかながら台湾一周を実現。
2013年、好きが高じて台湾に移住。現在、トータルの海外在住歴19年目に突入。

最近食べ歩きばっかりしてますが、体脂肪率は19%台を何とかキープ。
でも深刻なチョコレート依存症(笑)

雑誌「anan」に掲載されました。

ananpic


→さらに詳しいプロフィール

~登場人物~

アイリン。
日本生まれの日台ハーフ。小学校から高校まで台北、大学4年間は日本、現在は台北在住。
2015年3月より「MOTOとアイリンのエンディングトーク」に出演。(記事の最初の部分にも結構出てます)

Twitter

月別アーカイブ

ヤフーカテゴリー登録サイト

台湾ロングステイ再び!はヤフーカテゴリ登録サイトです。
ページ上部へ戻る