長白小館で白菜&お肉の酸っぱ鍋を超濃厚ごまダレで堪能

nagashirotop

台湾・台北のいろんなガイドブックに何度も登場してる人気火鍋店「長白小館」さんで名物の「酸っぱい白菜漬けとお肉」の火鍋をいただいてきましたー。
「酸菜白肉火鍋/スゥァン ツァィ バイ ロウ フォ グゥォ」という「すっぱ鍋」一筋の専門店です!


————————————————————

MOTOさん、知ってます?
このお店、毎年8月は1か月間お店を閉めて
徹底的な清掃を実施してるんですって!

 
 

まじぃ?1か月間も??
すごいねー、その徹底してる感!
超好感持てる。

 

でしょー!?
ところで、今日は何をオーダーするつもりなんですか?

 
 
 
 

って言うか、そんなこと聞く必要ないですね。
酸っぱい白菜の鍋・・・でしょ?

 
 
 

当然そーなるよね。
アイリン的にはどう?

 
 

勿論OKですー!
 
というわけで
長白小館さんの酸菜白肉火鍋レポート、スタート!

 

————————————————————

 

■このページのコンテンツの目次■

 

お店の雰囲気とロケーション

けっして新しいお店じゃないけど、何気に清潔な雰囲気でした。
やっぱ8月の1か月間を休業して徹底清掃してるだけある・・・みたいな印象はあります。

f-DSC07945-1

f-DSC07972-1

f-DSC07973-1

ロケーションは、忠孝東路×延吉街からちょっと入ったところ。
交通の便は結構良いですね。

MRT国父紀念館駅から歩いて5分ほど。
バスが使えるなら「アポロ大樓」から2~3分です。

この辺りは注目のお店が多いですよねー。
かなり便利なエリアです。

目次へ戻る↑

 

今回オーダーしたのは「酸菜白肉火鍋」 酸味のある白菜とお肉の鍋

今回いただいたのは、勿論「酸菜白肉火鍋」

ネギ餅や蒸し餃子も何気に気になったんで
様子を見つつオーダーしたかったんだけど、
2人で行ったら何気にお腹いっぱいになっちゃって・・・。

結局「酸菜白肉火鍋」だけでしたが、
まあ、そこそこいい感じで満足できました。

このお店、ほとんどのお客さんが「酸菜白肉火鍋」を頼むみたいですね。
「酸菜白肉火鍋」の説明をしたメニューだけを渡されました。

f-DSC07946-1

一応、他のメニュー、例えば葱餅とか蒸し餃子などなど、
どんなラインナップかなーって知りたかったんで、
お鍋以外のメニューも見たいって言うと持ってきてくれました。

特に蒸し餃子がお得な価格だなーって思ったんですよねー。
8個入って80元なので、1個10元なんです。

実物を体験してないんで何とも言えないけど
メニュー見た範囲内では安いなーって。

目次へ戻る↑

 

「酸菜白肉火鍋」2人前で880元 そのボリュームは?

肝心の「酸菜白肉火鍋」ですが、オーダーの際、まず、お肉はどうするかを聞かれます。

  • ポーク
  • ビーフ
  • ラム

これらから2種選ぶようになっていて
今回は、ポークとビーフをオーダー。

そうするとすぐに、鍋底と言われる基本のスープベースが運ばれてきますが、
既にいろんな具材が入っていて、上にポークのスライスがびっしり!

f-DSC07952-2

f-DSC07968-1

彩り的には今一つなんだけど、ボリュームは結構いい感じ。

f-DSC07969-1

中に酸っぱく仕込んだ白菜をベースに、
出汁取り目的っぽいカニ、シイタケ、干しエビ、高野豆腐などがギッシリ!

そこに、ビーフ、ポーク、春雨、キャベツが別皿で運ばれてきます。

ポークの端のちょっと色が明るい部分、これ、コラーゲン!

f-DSC07953-1

f-DSC07961-1

f-DSC07962-1

これで2人前、880元は、まずまずリーズナブルかなーって印象でした。

f-DSC07960-1

目次へ戻る↑

 

オーダーしたら速攻つけダレを用意!

最初に運ばれてきた鍋底に、既にいろいろ具材が入っているんで
煮立ったらすぐに食べれます。

なので、オーダーしたらモタモタせずつけダレコーナーへ!

f-DSC07974-1

f-DSC07977-1

f-DSC07978-1

f-DSC07981-1

f-DSC07980-1

f-DSC07987-1

いろいろなタレが用意されてるんで、
火鍋屋さんでタレを作るのって結構悩む・・・。

長白小館さんでは、基本のタレ・・・的なレシピが貼ってあるので
今回はそれに従って作りました。

f-DSC07963-1

右側が基本のタレのレシピ通りのもの。

f-DSC07964-1

  • ゴマ2さじ
  • にらソース半さじ →チャイブソース
  • フールー(豆腐乳)ソース半さじ →ピンク色のソース
  • ガーリックソース半さじ

上記4ソース、及び分量から成っています。

左側は基本のタレをベースにしていろいろ加えたオリジナル↓

f-DSC07965-1

先程の基本のタレに、お好みで

  • 醤油
  • 豆板醤
  • 胡麻油
  • 砂糖
  • ネギ

を加えたもの。
結局、このオリジナルのタレで頂きました。
(先程の基本のタレはお好みのソースを足してオリジナルソースに変えました)

目次へ戻る↑

 

お味の方はどうだった??

結構酸っぱいです。
白菜を酸っぱく仕上げてあって、鍋全体が酸っぱい味を伴ってます。

僕は普段から野菜をしっかり食べる人なんで、
最初はつけダレを一切付けずに食べてましたが、
結構いい感じでおいしく頂けました。

タレは胡麻がベースです。
香りがガンガンくる胡麻と醤油の混ざった感じが旨ーい!
これたまらないですね。

日本でもお鍋に胡麻ダレ使うけど
胡麻の濃厚さが全然違います!

f-DSC07976-1

胡麻の風味がしっかり効きまくってて
酸っぱさをいい感じに中和してくれて、おいしくいただけますよー。

目次へ戻る↑

 

おいしいつけダレで頂くためのキーポイントは「砂糖!」

で、実は、長白小館さんの「基本のタレ」の分量通りにすると、結構濃いです!
しょっぱ過ぎ感が結構強いんですよねー。

なので、胡麻ソース以外はやや控えめに入れていくのがベター!
※胡麻ソース=芝麻醤

様子見しながら食べていき、加えたいタレを追加して入れる・・・
そんなスタンスが失敗しないです。

基本のタレの中で、

  • にらソース(チャイブソース)
  • フールー(豆腐乳)ソース
  • ガーリックソース

これらは「半さじ」って書いてますが、思いっきりしょっぱいんで
半さじ以下にしておくのが無難。

f-DSC07982-1

あと、醤油も入れ過ぎると大変ー。
軽く入れて、足りなきゃ追加・・・そんなスタンスが絶対正解です。

目次へ戻る↑

 

で、キーポイントになるのが「砂糖!」

日本ではお鍋のタレに砂糖って感覚ないけど、
これを入れるといい感じのバランスになるのでぜひ入れてみて。

それ以外の

  • 胡麻油
  • 豆板醤
  • ねぎ

などは、完全にお好みで。

基本的には「少々」ってスタンスで入れていくと良いかなーって思います。

あ、あと、さっきも触れたんですが、
つけダレの使い方だけど、具材をつけダレに入れるんではなく、
鍋からあげた具材にタレをトッピングするような感覚の方がいいですね。

f-DSC07985-1

特に、つけダレがしょっぱ過ぎ・・・になってしまった場合、
具材の方につけダレを入れる方が、鍋のスープと中和され超いい感じで頂けますよー。

胡麻ダレはしょっぱくないんで、これは多めで正解!
胡麻の風味がとっても心地いいんで、これは多めに入れても全然OKだし、その方がおいしい。
f-DSC07983-1

それ以外のタレ、基本のタレに入るものも含めて、
それぞれ控えめにして恐る恐る入れましょー(笑)

それがここ長白小館さんの酸菜白肉火鍋をおいしく頂くコツです!

目次へ戻る↑

 

スタッフさん、みんな親切!

スタッフさん、皆さん親切でした。

ニコニコしてる感じではないんで、とっつきにくいかなーなんて勝手な印象を持つんですが、

例えばタレのところで戸惑ってると積極的に説明してくれるし、
鍋のスープが減ってくればどんどん足してくれたり
食べ方なんかもいい感じで説明してくれたり・・・と、

見た感じで勝手に抱きがちな印象とは全然違う親切な対応をしてくれるんで安心です!

目次へ戻る↑

 

長白小館 基本情報

長白小館/チャンバイツァォグァン
台北市大安區光復南路240巷53號
 

アクセス

住所の上では光復南路ってなってますが、実質的には「延吉街」沿いって感覚です。

最寄駅はMRT国父紀念館駅。
2番出口から地上へ上がり目の前の忠孝東路を左へ3~4分歩き、
延吉街を左折し、最初の路地をさらに左折するとお店が見えます。

f-DSC07942-1-1

画像↑は、延吉街から。
「長白」って看板が目立つのでわかりやすいです。

 

価格

酸菜白肉火鍋
2人前880元
3~4人前1380元
5~7人前2000元

今回は実食してないけど

ネギ餅(葱油餅)50元
蒸し餃子 8個入り80元

なども気になってます。
 

オーダー方法

ほどんどのお客さんが酸菜白肉火鍋がお目当てみたいなんで
最初から酸菜白肉火鍋のメニューのみ見せられます。

最初にお肉を

  • ビーフ
  • ポーク
  • ラム

の3種の中から2種選べば、すぐに下調理されたお鍋が運ばれてきます。

葱餅とか蒸し餃子などをオーダーしたい場合は
「葱餅」「蒸餃」などと書いた紙を見せるなりすれば
別のメニューを持ってきてくれると思います。

日本人のお客さんもかなり多いんで
日本人への対応はとっても慣れてる印象でした。

 

MOTOとアイリンのエンディングトーク

MOTOさーん、今回の酸菜白肉火鍋、どうでした?

 
 
 

まあ美味しく頂けたなーって感じ。
アイリンは?

 
 

私も同じくです。
ただ、酸っぱい系のテイストなんで好き嫌いは出てくるかもですね。

 
 
 

あー、確かにその辺はあるかもね。
でも思ったより酸っぱくはなかったな・・・そんな印象はあるけど。

 
 

そうですね。
まあ普通に食べれる範囲の「酸っぱい菜鍋」でしたね。

 
 

だねー。
ただ豆腐が高野豆腐なんで
超アツアツのお鍋スープを思いっきり含んでるから火傷に注意ー!

 

あ、それ見落としがちなポイント。
高野豆腐と気付かず、普通に揚げ豆腐だと思って食べたら
中からアツアツのスープが思いっきり出てきて
もの凄く熱かった・・・

 

そうそう。
そこはあらかじめ注意したいポイントだね。

 
 

ええ、私もそう思います。

 
 
 

そう言えばさー、お肉大好きなアイリン的には
お肉が結構ボリュームあって良かったんじゃない??(笑)

 
 

MOTOさん・・・、それ、ここで言わないでくださいよー!
何か私が肉食系みたいじゃないですか・・・。
もうー!!

 
 
 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ つづく


 

~PROFILE~

MOTOです。
2003年に初訪台し約1年の滞在で強烈な台湾ファンに!
その後も訪台し、2008年には台湾のNPO法人さんとお仕事した際に超大まかながら台湾一周を実現。
2013年、好きが高じて台湾に移住。現在、トータルの海外在住歴19年目に突入。

最近食べ歩きばっかりしてますが、体脂肪率は19%台を何とかキープ。
でも深刻なチョコレート依存症(笑)

雑誌「anan」に掲載されました。

ananpic


→さらに詳しいプロフィール

~登場人物~

アイリン。
日本生まれの日台ハーフ。小学校から高校まで台北、大学4年間は日本、現在は台北在住。
2015年3月より「MOTOとアイリンのエンディングトーク」に出演。(記事の最初の部分にも結構出てます)

Twitter

月別アーカイブ

ヤフーカテゴリー登録サイト

台湾ロングステイ再び!はヤフーカテゴリ登録サイトです。
ページ上部へ戻る