大安森林公園駅が素敵すぎ!開通した信義線の注目スポット

f-DSC01612

新たに開通した台北MRT信義線。新駅の1つ「大安森林公園駅」が素敵すぎて熱いスポットになってます。水をふんだんに取り入れた設計になっていて、駅舎も公園の一部なんだな、と思わされるこだわり。特に、ライトアップされたナイトビューがいい感じです。リラクゼーションスポットでもデートスポットでも、両方いける雰囲気!


台北MRT信義線は、その名の通り、台北を東西にのびる信義路の下を運行しています。中正紀念堂が起点で、東門の次が、ここ大安森林公園駅になります。永康街に行ったら、そのまま信義路を歩いてくるのも楽しいですよね、信義路きれいだし。

建設中からかなり気になってたんですが、実際に出来上がった駅舎を見るとびっくり! おそらく、ここまでテーマ性を前面に出した駅って、台北MRTの中ではないはず。

基本的に水をふんだんに取り入れた設計になってます↑ 

勿論、もともとあった大安森林公園と繋がった状態↑ 公園の隣に駅があるじゃなくて、公園の中に駅がある感覚なんだと思います。地上レベルから撮影↑

公園側(地上レベル)から地下1階へ降りていくこともでき、その通路にも水を取り入れたイメージが↑

地下1階から改札のある地下2階を見るとこんなイメージ↑ 霧みたいなのは、水しぶきです。

改札のある階は地上から数えると地下2階↑ ここも勿論「水」。そしてここは

水が細い滝のように流れ落ちるイメージが設計されているエリアになってます! 見えます?細~い水の流れが何本も流れ落ちてきてる感じ。

完全なリラクゼーションスポットですね、これ。マイナスイオン出てそうな雰囲気(笑)

地下1階の高さから地下2階に向けて周期的な感覚でに細く水が流れ落ちてくるんですが、流れてる時は何とも心地よい音に包まれます。これ、夏は最高でしょうね(笑)

●動画 大安森林公園の滝!?

 

森林の水場でリラックスしてるカエル、まさに、そんなイメージですよね、これ(笑)

駅の構内のいたるところに、カエルが出没↑

さらに台湾のお家芸であるLEDによるイルミネーションも取り入れられてます↑ 動画ありです↓

●動画 次々に色が変化していく大安森林公園駅

 
 

駅の中もお洒落な雰囲気↑ 

駅の周辺も、信義路らしくかなりいい感じ。永康街のある東門から歩くのもいい感じです。


 

ということで、信義線の開通とともに、いきなりホットなスポットとなった大安森林公園駅についてお伝えしました。特に夜が雰囲気良いです!

リラクゼーションスポットとしてもデートスポットとしても、いい感じで利用できそうです。交通の便も言うことなしなんで、ますます人気のスポットとなっていきそうな気がしてます。


 

~PROFILE~

MOTOです。
2003年に初訪台し約1年の滞在で強烈な台湾ファンに!

その後も何度も訪台し、2008年には台湾のNPO法人さんとお仕事した際に超大まかながら台湾一周を実現。2013年、好きが高じて台湾に移住。

外食ビジネスを営む家で育つ。祖父は製麺工場。

そんな流れで台北では食べ歩きばっかり(笑)ワークアウトしてるので体脂肪率は17~18%台を何とかキープ。でも深刻なチョコレート依存症(笑)

マガジンハウス社の雑誌「anan」に掲載されました。

ananpic


→さらに詳しいプロフィール

~登場人物~

アイリン。
日本生まれの日台ハーフ。小学校から高校まで台北、大学4年間は日本、現在は台北在住。
2015年3月より「MOTOとアイリンのエンディングトーク」に出演。(記事の最初の部分にも結構出てます)

Twitter

月別アーカイブ

ヤフーカテゴリー登録サイト

台湾ロングステイ再び!はヤフーカテゴリ登録サイトです。
ページ上部へ戻る