福隆砂彫刻フェスティバル→海水浴→九份→饒河街夜市の1Dayツアーがたったの3500円!?

fulongsand630

台湾観光局さんから福隆砂彫刻フェスティバルの紹介依頼を頂いたんですが普通に紹介してもおもしろくない!なので砂彫刻フェスに加え、名物の福隆弁当を食べ福隆ビーチで海水浴、夕暮れ時の九份を満喫し、最後は饒河街夜市で遊び納める・・・
という「密度の濃い1Dayツアー」として超詳細な「モデルプラン」をまとめてみました。この通りに行けば旅費食費全て込みでたったの3500円で回れます!【福隆国際サンドアートフェスティバル】


————————————————————

MOTOさん、今回の1Dayツアーのモデルプラン、
かなりリアルですねー。
分単位じゃないですか!
ツアー会社よりも詳細過ぎな感じですよ(笑)

 
 

そうかな(笑)
いや、やっぱこれくらいハッキリしてると
実際このプランで1Dayツアー行ってみようって人にとっては
わかりやすいんじゃないかな・・・って思ってさ。

 
 

確かに!
これ見ながらだったら初めてでも
何とか台湾鉄道乗って行ってこれちゃいそうですもんね。

 
 

でもさ、このツアーの凄いところって
費用だよ、費用!
これだけ遊び尽くして3500円だよ、全部込みで!
詳細は最下部のエンディングトーク内で。

 
 

了解です!
今回の「MOTOとアイリンのエンディングトーク」は、
「これだけ遊んでも約3500円! その内訳は??」です!
記事の最下部にて♪

 
 
 
————————————————————

■このページのコンテンツの目次■

 

福隆砂彫刻フェスティバル 7/2迄開催中!

福隆砂彫刻フェスティバルとは世界から砂彫刻アーティストが制作した
壮大な砂の造形作品をじっくり見学できるイベントです。

別名「福隆国際サンドアートフェスティバル」。

砂彫刻イベントは3つの部門に分かれていて
テーマ、製作者も異なっています。

沙雕活動內容

(一) 沙雕主題創作:
(1)主題:以「玩具聯合國」為主題。
計13國共27位藝術家相互發揮創意,打造1個帶給大家無限歡樂的福隆樂園。

(二) 國際比賽:
(1)比賽主題:和平。

(三) 國內比賽:
(1)比賽主題:玩具。

 
簡単に日本語にしてみると、フェスティバルはコンテスト形式で
3つの部門に分かれています。

  • フェスティバルのメインテーマ
  • 国際コンテスト
  • 国内コンテスト

部門ごとのテーマは

  • メインテーマ →おもちゃの連合国
  • 国際コンテスト →平和
  • 国内コンテスト →おもちゃ

正直、世界から集まった砂彫刻のプロによる作品は圧巻!
壮大な規模、且つ繊細な仕上がりは見応え十分です。

目次へ戻る↑

 

プロの砂彫刻作品、実際に画像で見てみましょう

c4

c5

cbaby

ccar

crobo

cshiro

cshiro2

かなり凄いですよね!
これ砂ですよ、砂、当たり前だけど(笑)

台湾、シンガポール、アメリカ、ロシア、スペイン、イタリア、
アイルランド、ベルギー、カナダ、イギリス、オランダ、フランス
などから砂彫刻アーティストが集まって作り出してる空間です。

目次へ戻る↑

 

福隆砂彫刻フェスティバル 基本情報

正式名称:2015福隆國際沙雕藝術季
(福隆砂彫刻フェスティバル、福隆国際サンドアートフェスティバル)
日程:5/2~7/12
会場:福隆海水浴場
開演時間:8:30~18:00
入場料:大人100元 子供・学生80元

 
以上、福隆砂彫刻フェスティバルについて案内したところで、
次は、このフェスティバルを含めた3エリアをじっくり楽しむ
超リアルな1Dayツアープランのご紹介に移っていきます。

目次へ戻る↑

 

超リアルな1Dayツアーのモデルプラン詳細発表ー!

このプランは「福隆の砂彫刻フェスティバル」に行くのであれば、
九份、饒河街夜市なども含めて多角的に楽しんじゃいましょー!

・・・って目的を気楽に達成できるように作ったモデルプランです。

あくまでもモデルプランなので、曜日・季節要因で
ダイヤが多少ずれる可能性はあります。

ただし、各交通機関のダイヤに変更がなければ、ほぼモデルプラン通りに
福隆ビーチ、福隆弁当、九份、饒河街夜市を1日で体感することができます。

仮に多少ダイヤが変わったとしても大きくプランが崩れることはありません。

時系列的には、

・台北駅を朝8時台に出発
  ↓
・福隆ビーチに10時頃到着し5時間ほど滞在
  ↓
・九份に16時頃到着し4時間ほど滞在
  ↓
・饒河街夜市に21時頃到着し2時間半ほど滞在
  ↓
・24時ごろ各ホテルに到着

という流れになっていて、ほぼ朝から晩まで遊び尽くす形です。

エリア的には、

  • 福隆ビーチで砂彫刻フェス&プライベートビーチで海水浴
  • 夕暮れから夜にかけての九份観光
  • 夜から深夜にかけての饒河街観光夜市

上記3つを1日かけてじっくり堪能できるようになっています。

それではプランに沿って順番に詳細旅程を見ていきたいと思います。
台北駅からいざ出発ー!

目次へ戻る↑

 

福隆駅へ向け台北駅を出発

※参考画像

f-tx-140813-120234-1
■■ 時系列プラン ■■
8:25台北駅発
蘇澳駅行きの区間列車#4154
 以下の駅を通過します。
 8:32 松山
 8:35 南港
 8:41 汐科
 8:44 汐止
 8:47 五堵
 8:51 百福
 8:56 七堵
 9:00 八堵
 9:03 暖暖
 9:07 四腳亭
 9:23 瑞芳
 9:29 猴硐
 9:33 三貂嶺
 9:38 牡丹
 9:43 雙溪
 9:49 貢寮
9:54 福隆駅に到着
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

台北駅からは台湾鉄道の「區間車」で福隆駅へ向かいます。
出発後は多くの駅を経て10時前に福隆駅に到着です。
區間車とは、いわゆる各駅停車の列車のことです。

季節、曜日によっては混雑していて座席を確保できないかもしれませんが、
瑞芳駅で九份へ行く乗客がドカーンと降りていくので、その先は座れます(笑)

目次へ戻る↑

 

【資料】台北駅から台湾鉄道に乗る場合の基本的流れ

MRTなら乗ったことあるけど台湾鉄道は経験ない・・・ってパターンも多いと思うんで
ここで、台北駅で台湾鉄道に乗る基本的な流れに触れておこうと思います。

台北駅から東海岸へ行く場合は「北上列車」と書かれているモニターをチェックします。各用語は以下のようになるのでご参考ください。

車次 →列車番号
開往 →行き先
車種 →特急、急行、準急、快速、普通などの種別
月台 →プラットホーム
時間 →出発時刻

切符は

  • 窓口で買う
  • 発券機で買う
  • 「悠遊カード(MRTのカード)」で切符なしで通過する

のいずれかになりますが、特に窓口で買う場合は
列車番号、行先、枚数などを書いたメモをそのまま駅員さんに見せれば楽に購入できます。

改札を通過したらプラットホームへ。

f-tx-140813-122019-1

ホームへ上がってから、行先やホームの番号などを再度確認するとベターです。

f-tx-140813-122029-1

「區間車」は概ねこの青い車両です↓

f-tx-140813-122828-1

目次へ戻る↑

 

福隆ビーチへ

f-tx-140828-123202-1
cches

目次へ戻る↑

 
■■ 時系列プラン ■■
9:54 福隆駅に到着
     駅前で福隆弁当を購入 
     コンビニで飲み物等を購入
10:05 福隆ビーチへ徒歩で向かう
10:10 福隆ビーチに到着 ビーチ内へ入場
     着替え、荷物をコインロッカーに預けビーチへ
10:30 福隆砂彫刻フェスティバルを鑑賞
12:00 ランチ 福隆弁当をビーチで
12:30 海水浴スタート
14:10 海水浴終了 シャワー、着替えなど
14:40 福隆ビーチを出発 徒歩で福隆駅へ
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

福隆駅は改札が1か所しかない小さな駅です。
そのまま駅前の少し賑やかな通りへ出ます。

目次へ戻る↑

 
ここでランチ用に有名な「福隆弁当」をゲットしておきます。
お弁当のお店はいくつかありますが、大まかには2か所。

駅から向かって左側の「郷野便當」、

右側の「福新福隆便當」が概ねいつも営業しています。

目次へ戻る↑

 
それと、実は到着したホームにて、
ホーム販売している業者さんがあって、個人的には密かにそこが好みです。

少し歩けばそのお店の店舗があるんですが、面倒なのでホームで買ってます。

いずれにしても上記3店の中からいつも買っていますが、
弁当の内容は、味付けが若干異なるもののどのお店で買っても全く同じ!
金額まで全くの同額です。カルテル状態(笑)

目次へ戻る↑

 
福隆弁当に関してのさらなる詳細は当サイト内の以下の記事をご参考ください。
→「福隆の駅弁 台鉄福隆駅周辺で3つのお弁当食べ比べたら驚いた!

駅前の少し賑やかなエリアをまっすぐ抜けると「北部濱海公路 興隆街」にぶつかります。
ここは交通の量自体は多くはないのですが、車がかなりのスピードを出して通過していくので注意!

信号で興隆街を渡り左折して1分ほど歩くと右側に広い駐車場が見えてきます。
この駐車場の突き当たりが福隆ビーチの入口となります。

福隆ビーチの入口では入場料を払うためのブースがあります。
ただ、入場してしまえば砂彫刻の作品を見学できるのは勿論、
ビーチで海水浴をすることも当然可能!

目次へ戻る↑

 
更衣室、コインロッカー、シャワー室、トイレ、救急救護室などなど
各種施設も全て利用できますし、パラソルとブギボード、浮き輪などの
レンタルサービスも完備されています。

水着やタオル、ビーサンなども売っているので
急遽ビーチで海水浴したいー!ってことになっても全然OKです。

 

福隆ビーチに関してのさらなる詳細は当サイト内の以下の記事をご参考ください。
→「福隆海水浴場 台北から乗り換えなしでアクセス出来るプライベートビーチ!

ビーチ内の施設、コインロッカーに荷物を預けてからの注意点なども解説しています。

目次へ戻る↑

 

九份へ向けて出発

f-tx-140814-183324-1
■■ 時系列プラン ■■
14:40 福隆ビーチを出発 徒歩で福隆駅へ
     切符等の購入など
14:58 福隆駅発
樹林駅行区間快速列車#4027 
 以下の駅を通過します。
 15:03 貢寮
 15:10 雙溪
 15:23 猴硐
15:31 瑞芳駅到着 

 ↓
瑞芳駅でバスに乗り換えます
駅前のバス停へ移動
 ↓

15:41 バスで九份へ#788金爪石行き
 以下のバス停を通過します。
 15:42 瑞芳火車站(區民廣場)
 15:42 埔頭站
 15:47 柑坪里
 15:48 瑞柑國小
 15:50 琉榔腳
 15:54 九番坑
 15:57 七番坑
 15:58 大竿林
 15:59 九份
 16:01 代天府
16:02 九份老街(舊道)にて下車

≪#788以外の路線バス利用時の下車すべきバス停≫
825金爪石行き →九份老街(舊道)
1062金爪石行き →九份老街
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

目次へ戻る↑

福隆駅から瑞芳駅まで台湾鉄道を利用、
瑞芳駅からは駅前からバスを利用して九份へ向かいます。

バスは788番、825番がこのエリアのローカル路線です。
1062番は台北市内から出ている路線となります。

バスに関しては利用前に再確認した方が確実です。
基龍客運 788番・825番
基龍客運 1062番

目次へ戻る↑

 

九份観光タイム

cf-kyufun
■■ 時系列プラン ■■
16:02 九份到着 バス停「九份老街(舊道)」にて下車
20:13 バス停「九份老街」発 #1062 中崙行き
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

約4時間、九份での観光タイムを確保しています。

16時から20時までの時間帯なので季節を問わず
夕暮れ時から夜にかけての九份を満喫できるプランになっています。

九份の観光については特にここで触れる必要はないと思います。
4時間を上手く利用してあなたオリジナルの九份観光タイムを楽しんでください!

cf-93

cf-95

目次へ戻る↑

 

九份を離れ饒河街夜市へ向け出発

■■ 時系列プラン ■■
20:13 バス停「九份老街」発 
中崙行き#1062
 以下のバス停を通過します。
 20:20瑞芳駅
 20:20東和里
 20:22頂埔
 20:22桀魚坑
 20:23瑞興新村
 20:23山仔腳
 20:24大寮
 20:26永聯物流園區
 20:27中央貨櫃
 20:29四腳亭
 20:30碇內(博愛仁家)
 20:30十六坑
 20:32暖江橋頭
 20:54潭美國小
20:57 松山車站(八德)
^^^^^^^^^^^^^^^^^^

九分からの帰りはバス1本で乗り換えなしで戻れるプランとしています。
でも鉄道が好きなら、瑞芳駅から台湾鉄道を利用するのも楽しいかもです!

その場合は瑞芳駅で下車し、台湾鉄道に乗り換えますが、
「桃園駅行き」「樹林駅行き」「新竹駅行き」を選びます。

「基隆駅行き」を選んでしまうと台北方面へ行かず、
途中から基隆へ向かってしまうので、そこだけは注意!!

もし間違ったら饒河街夜市はあきらめて基隆夜市へ冒険的に変更してみるのも良いかもです。

基隆駅から台北駅までは約1時間程かかるので、
23時頃の列車に乗れば台北に24時前後に到着できます。
今度は「桃園駅行き」「樹林駅行き」「新竹駅行き」を選びましょう(笑)

話はちょっと戻りますが、上記のバスによる乗換えなしのプランでも、
瑞芳駅で台湾鉄道に乗り換えるプランでも、時間的な差はそこまで開きません。

完全に好みで選んでOKだと思います。

目次へ戻る↑

 

饒河街夜市で遅い夕食・軽い夜食&夜市の雰囲気を満喫!

f-tx-150328-200446-1
■■ 時系列プラン ■■
20:57 松山車站(八德)
    約2時間半ほど饒河街夜市を満喫
23:30 MRT松山駅より各ホテル最寄駅へ
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
今回の1Dayツアーも最後のステージです。
散々動いてますし、何と言ってもビーチで海水浴してますから・・・。

かなりヘトヘトになってる可能性もありますが、
饒河街夜市の活気がテンションをアップしてくれるはず。

夜市の良いところって、ガッツリ食べることもできるし
ちょこっと少しずつ食べ歩くことも可能なところ!

九份でどの程度食事をするかにもよりますが、
いずれにしても自由にいろんな楽しみ方ができると思います。

f-tx-150328-201645(1)

f-DSC08819-1

f-tx-150329-182121(1)

f-tx-140511-194253-1

f-tx-150328-222735(1)

饒河街夜市に関してのさらなる詳細は当サイト内の以下の記事をご参考ください。
→「【完全保存版】饒河街観光夜市おすすめグルメ30店食べ尽くし体験談2015!

MRT松山駅からの終電には注意です!
プラン通り、23時半頃にMRTに乗るようにすれば問題ないです。

でも既に台北エリアに戻ってきてるわけだし
タクシー利用でも問題ないので、その辺りはあまり重要ではないかもですね。

 

MOTOとアイリンのエンディングトーク

これだけ遊んでも約3500円! その内訳は??

改めて読み返しましたけど、1日中あっちこっち動き回って遊び尽くして3500円って安いですね!

 
 
 

でしょー?
交通費は勿論、ランチ、ディナーだけでなく、夜市での夜食も入ってるからね(笑)

 
 

えー!ホントですかー??
内訳見ましょ!

 
 
 

OK!

 
 
 
 
・台湾鉄道(台北駅→福隆) 83元
・福隆弁当 60元
・飲み物等 50元
・福隆ビーチ入場料 100元
・コインロッカー代 20元
・台湾鉄道&バス(福隆→九份) 49元 
・食事代@九份 200元
・バス(九份→台北松山) 99元
・食事代@饒河街夜市 300元
・MRT(松山駅-ホテル最寄駅まで) 20元
   ■■合計981元→約3500円■■
 
 

うわーホントだー!
台湾は既に夏が始まったよう気温になってるしこのプラン、かなり楽しめそうですね。

 
 

そうそう!
特に5月と6月は砂彫刻のフェスも開催中だからかなりオススメです!
最後に今回のモデルプランを通しで掲載しておきます。

 
 

【資料】1Dayツアー モデルプラン全旅程一覧

8:25台北駅発
蘇澳駅行きの区間列車#4154
 以下の駅を通過します。
 8:32 松山
 8:35 南港
 8:41 汐科
 8:44 汐止
 8:47 五堵
 8:51 百福
 8:56 七堵
 9:00 八堵
 9:03 暖暖
 9:07 四腳亭
 9:23 瑞芳
 9:29 猴硐
 9:33 三貂嶺
 9:38 牡丹
 9:43 雙溪
 9:49 貢寮
9:54 福隆駅に到着
    駅前で福隆弁当を購入 
    コンビニで飲み物等を購入
10:05 福隆ビーチへ徒歩で向かう
10:10 福隆ビーチに到着 ビーチ内へ入場
    着替え、荷物をコインロッカーに預けビーチへ
10:30 福隆砂彫刻フェスティバルを鑑賞
12:00 ランチ 福隆弁当をビーチで
12:30 海水浴スタート
14:10 海水浴終了 シャワー、着替えなど
14:40 福隆ビーチを出発 徒歩で福隆駅へ
    切符等の購入など
14:58 福隆駅発
樹林駅行区間快速列車#4027 
 以下の駅を通過します。
 15:03 貢寮
 15:10 雙溪
 15:23 猴硐
15:31 瑞芳駅到着 
 ↓
バスに乗り換えます
駅前のバス停へ移動
 ↓
15:41 バスで九份へ#788金爪石行き
 以下のバス停を通過します。
 15:42 瑞芳火車站(區民廣場)
 15:42 埔頭站
 15:47 柑坪里
 15:48 瑞柑國小
 15:50 琉榔腳
 15:54 九番坑
 15:57 七番坑
 15:58 大竿林
 15:59 九份
 16:01 代天府
16:02 九份老街(舊道)にて下車 九份観光スタート
20:13 バス停「九份老街」発 
中崙行き#1062
 以下のバス停を通過します。
 20:20瑞芳駅
 20:20東和里
 20:22頂埔
 20:22桀魚坑
 20:23瑞興新村
 20:23山仔腳
 20:24大寮
 20:26永聯物流園區
 20:27中央貨櫃
 20:29四腳亭
 20:30碇內(博愛仁家)
 20:30十六坑
 20:32暖江橋頭
 20:54潭美國小
20:57 松山車站(八德)にて下車
    約2時間半ほど饒河街夜市を満喫
23:30 MRT松山駅より各ホテル最寄駅へ
 
 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ つづく


 

~PROFILE~

MOTOです。
2003年に初訪台し約1年の滞在で強烈な台湾ファンに!
その後も訪台し、2008年には台湾のNPO法人さんとお仕事した際に超大まかながら台湾一周を実現。
2013年、好きが高じて台湾に移住。現在、トータルの海外在住歴19年目に突入。

最近食べ歩きばっかりしてますが、体脂肪率は19%台を何とかキープ。
でも深刻なチョコレート依存症(笑)

雑誌「anan」に掲載されました。

ananpic


→さらに詳しいプロフィール

~登場人物~

アイリン。
日本生まれの日台ハーフ。小学校から高校まで台北、大学4年間は日本、現在は台北在住。
2015年3月より「MOTOとアイリンのエンディングトーク」に出演。(記事の最初の部分にも結構出てます)

Twitter

月別アーカイブ

ヤフーカテゴリー登録サイト

台湾ロングステイ再び!はヤフーカテゴリ登録サイトです。
ページ上部へ戻る