鼎泰豊で排骨チャーハンのボリューム感に圧倒されました

鼎泰豊で小龍包以外にもいろいろ食べたいーってことで今回は排骨たまごチャーハン。ポークの排骨が、繊細な塩味にまとまってる鼎泰豊のチャーハンの上にドーンとのっていてボリューム感が最高な一品です!


 
そもそも、この排骨チャーハンをオーダーする気全くなかったんですが、隣のテーブルに運ばれてきたのを見て視線が釘付けに・・・。

既に思いっきり食べつくしてた後だったものの、「何あれー、絶対食べたいー!!」ってことで追加オーダー(笑)

鼎泰豊にもビジュアルでオーダーさせてしまうメニューがあったことに驚き。

ポーク排骨はあっさりテイスト。コッテリなガッツリ濃い味系がお好みの方々には若干物足りないかもですが、バランスのよい納得のお味。

排骨だけど骨付きじゃないです。柔らかく仕上げたお肉だけなので食べやすいですよー

一切れ一切れのポーク排骨、しっかりサイズがあります。

チャーハンもあっさり塩味系。

お肉もチャーハンもアッサリな感じで食べられるので、小龍包との相性的にもいい感じでいただけました。

サッパリ系の味加減にまとまっていて好みの問題もあると思うのですが、鼎泰豊にちょくちょく足を運んでる方はトライしてみても良いかもって思える一品でした。

僕自身もこの圧倒的なボリューミーな存在感が忘れられず・・・(笑)、この記事を書きながら「またオーダーしたいなー・・・」なんて思ってます。

 
店舗情報などは公式サイトをチェックしてみてください↓
http://www.dintaifung.com.tw/jp/


 

~PROFILE~

MOTOです。
2003年に初訪台し約1年の滞在で強烈な台湾ファンに!

その後も何度も訪台し、2008年には台湾のNPO法人さんとお仕事した際に超大まかながら台湾一周を実現。2013年、好きが高じて台湾に移住。

外食ビジネスを営む家で育つ。祖父は製麺工場。

そんな流れで台北では食べ歩きばっかり(笑)ワークアウトしてるので体脂肪率は17~18%台を何とかキープ。でも深刻なチョコレート依存症(笑)

マガジンハウス社の雑誌「anan」に掲載されました。

ananpic


→さらに詳しいプロフィール

~登場人物~

アイリン。
日本生まれの日台ハーフ。小学校から高校まで台北、大学4年間は日本、現在は台北在住。
2015年3月より「MOTOとアイリンのエンディングトーク」に出演。(記事の最初の部分にも結構出てます)

Twitter

月別アーカイブ

ヤフーカテゴリー登録サイト

台湾ロングステイ再び!はヤフーカテゴリ登録サイトです。
ページ上部へ戻る