義美のパイナップルケーキ 若干ダークに焼いてる香ばしさが結構いい感じ

f-tx-140806-131823-1

義美って、MRTの駅にブース出展してたりしてお菓子屋さんっていうより、商店・・みたいな雰囲気だったりしますよね(笑)なのでわざわざ義美のパイナップルケーキを食べてみようって思わなかったんですが、2014年のパイナップルケーキフェスで試食したら、外側のクッキー部分が比較的ダークに焼いてあって、濃い香ばしさが思いっきり印象に残った・・・これが義美のパイナップルケーキとの出会いです。
 
その他、台湾のパイナップルケーキ40種類以上を実食レポートしてます。← こちらもご覧ください!


 
義美は旅行で遊びにきた方々がお土産で買いに行くっていうより、現地の台湾の人たちが日常的にちょっと買って食べる・・・そんな雰囲気。

なので、あちこちのMRTの駅に出店していて逆に買いやすいですね。

150元のパックで12個入り↑

普通、どこもパイナップルケーキはそこそこ大きさがあって、正直、全部食べるのってカロリー的に怖いーって思うこともしばしば(笑)

でも義美のパイナップルケーキはサイズが小さく、通常の3分の1程度。

成分表をチェックして計算してみると、だいたい1個90キロカロリー程度なんで食べやすいサイズになってます。

食べやすいのでついつい・・・ってパターンには要注意ですが(笑)

 
今回改めて食べてみたらやっぱり若干ダークめに焼いてる香ばしさが結構いい感じ。

さらにバターの風味を強くして濃厚さを前面に押し出してる・・・みたいな感覚もないんで、しつこさも感じないです。

 
ジャムもクセがなくっておいしいですね。普通にパンに塗って食べたいーって思っちゃたりする感覚。

物凄くストレートな味わい。

なので全体的なバランスがシンプルでいい感じです。

それなりに甘めだけど、ベースに酸味がサポートしてるんで、決して甘さだけが独り歩きするようなタイプではないです。

この感じに若干濃いめに焼いてるクッキーが合わさってくるんで、思いのほか美味しんですよね。

余計な味が含まれてないーって感じる味わいです。

 

義美へのアクセス

義美はあちこちに支店があってかなり便利です。

お店のロケーションは以下の公式サイトでチェックしてみてください。

http://www.imeifoods.com/retail/index.html

 
 
他ブランドのパイナップルケーキもいろいろ食べてます。お土産選びの際などにご参考ください。


 

~PROFILE~

MOTOです。
2003年に初訪台し約1年の滞在で強烈な台湾ファンに!
その後も訪台し、2008年には台湾のNPO法人さんとお仕事した際に超大まかながら台湾一周を実現。
2013年、好きが高じて台湾に移住。現在、トータルの海外在住歴19年目に突入。

最近食べ歩きばっかりしてますが、体脂肪率は19%台を何とかキープ。
でも深刻なチョコレート依存症(笑)

雑誌「anan」に掲載されました。

ananpic


→さらに詳しいプロフィール

~登場人物~

アイリン。
日本生まれの日台ハーフ。小学校から高校まで台北、大学4年間は日本、現在は台北在住。
2015年3月より「MOTOとアイリンのエンディングトーク」に出演。(記事の最初の部分にも結構出てます)

Twitter

月別アーカイブ

ヤフーカテゴリー登録サイト

台湾ロングステイ再び!はヤフーカテゴリ登録サイトです。
ページ上部へ戻る