台湾の桜 時期と種類 お花見スポット@台北の桜の画像も!

sakura

台湾の桜の時期は日本のそれよりかなり早いです。1月下旬から台湾のあちらこちらのお花見スポットで桜が咲き始め、種類もいろいろ。台北を中心にした桜の名所、というよりは台北市内でお手軽に立ち寄れる公園などのお花見スポットを中心に撮影した画像をメインに、台湾の桜の時期と種類についてお伝えしようと思います。とりあえず寒桜からスタートし順次追加していきます!


日本では3月下旬辺りからですが、台湾では1月下旬になると桜がテレビなどでも話題になってきます。それ見てると無性に桜が生で見たくなってくるんですよね、やっぱ日本人です(笑)台湾にもともと自生しているものや、日本時代に植えられたものも含め、かなり多くのお花見スポットがあって、台北市内や新北市など、いわゆる台北エリアで結構桜を楽しめます。

以下、撮影済みのものから掲載していきます。3月中旬くらいまでには、そこそこの種類の桜を掲載できる予定です。

 

寒櫻

まずは寒桜。寒桜はオオシマザクラとヒカンザクラの自然交配種とのことです。

撮影日時:2月2日
撮影場所:台北市士林區国安局前緑地





 

富士櫻

日本のフジザクラってマメザクラのことらしく花は白いんですよね。でも台湾で富士櫻と呼ばれているものは花弁が薄いピンク色です。

撮影日時:2月10日
撮影場所:台北市士林區至誠路一段66號







 

山櫻花

台湾では、最もポピュラーなんじゃないか・・・と思わせるくらいどこにでもある感じの桜。散っちゃうちょっと前くらいな感じですね、あんまり元気ない花が多かった・・・。

撮影日時:2月21日
撮影場所:慶城公園 台北市松山区慶城街16巷




 

昭和櫻

この公園の昭和櫻はピンクがかってる、っていうかまんまピンク。花弁は透明感があるんで白っぽさを感じるけど、でもピンク色してます。日本で言うショウワザクラは調べてみると花弁が白なんですが・・・。

撮影日時:2月21日
撮影場所:敦中公園 台北市松山区敦化北路4巷31號


 

八重櫻

八重櫻は重厚感ありますねー、やっぱ。

撮影日時:2月21日
撮影場所:八德公園 台北市松山区八德路二段366巷21號



 

台湾の桜 お花見シーズンをまとめてみました

台湾の桜のお花見の時期については、種類や場所によって開花にズレがあるので一概にシーズンを明確にするのは難しいと思いますが、超大まかにお伝えすると…..

1月下旬~
・寒櫻

2月初旬~
・山櫻花
・昭和櫻
・富士櫻
・八重櫻
・河津櫻

2月下旬~3月初旬
・吉野櫻

3月初旬~
・大島櫻

台湾の桜をお花見しようって場合、正直、なかなか難しいなーって感覚です(笑)ま、日本でも同じですよね。もともと桜ってほんの一瞬なわけだし。

ただ、この時期の台北エリアは雨が降る日が多く、一旦グズつくと結構どんよりした日が続いたりするんですよね。完全な見頃の状態に開花したタイミングで見たいと思っても天気が邪魔したりしますし・・・。満開でお花見できたら最高なんですが、そうも言ってられないので見れる時に見ておく・・・というスタンスが結構重要だなーって思います。

実際、撮影していてもタイミングが合わずなかなか大変でした。

台北市の桜のお花見スポットの場所、種類、本数、開花状況などは以下のサイトでチェックできます。

→→ http://flowers.taipei.gov.tw/Sakura/

ただ、実際には若干イメージしていたのと違う・・・と感じる時もあります。基本、ちょっと早いかなーってくらいに見ておくとベターかなって実感しています。


 

関連記事

~PROFILE~

MOTOです。
2003年に初訪台し約1年の滞在で強烈な台湾ファンに!
その後も訪台し、2008年には台湾のNPO法人さんとお仕事した際に超大まかながら台湾一周を実現。
2013年、好きが高じて台湾に移住。現在、トータルの海外在住歴19年目に突入。

最近食べ歩きばっかりしてますが、体脂肪率は19%台を何とかキープ。
でも深刻なチョコレート依存症(笑)

雑誌「anan」に掲載されました。

ananpic


→さらに詳しいプロフィール

~登場人物~

アイリン。
日本生まれの日台ハーフ。小学校から高校まで台北、大学4年間は日本、現在は台北在住。
2015年3月より「MOTOとアイリンのエンディングトーク」に出演。(記事の最初の部分にも結構出てます)
最大の悩みは、実物よりイラストの方がちょっとだけ可愛いこと!

Twitter

月別アーカイブ

ヤフーカテゴリー登録サイト

台湾ロングステイ再び!はヤフーカテゴリ登録サイトです。
ページ上部へ戻る