注意! 海外でのパスポート再発行には“戸籍謄本”が必要!!

前回の記事「台湾でパスポートを紛失したらどうすればよいか・・再発行?」の中でもお伝えしたとおり、台湾、及び海外への旅行中に、パスポートを紛失し、現地にて再発行ということになると非常に厄介です。さらに、再発行に必要な書類の種類・内容等をよく確かめてみると、海外での再発行にもかかわらず、日本の戸籍謄本が必要であることに気がつきました。




海外にて戸籍謄本は取得できる?

海外の領事館、台湾の場合は在台の交流協会で、戸籍謄本・・・?海外のどこで日本の戸籍謄本が取得できるのでしょうか。

確認すべく、日本の交流協会に直接尋ねてみました。

ですが・・・現状では、出発前にあらかじめ日本で準備し、万が一に備えて持参するか、現地から日本の家族等に連絡し、郵送してもらうしか方法はないようです。簡単に言えば、海外で、戸籍謄本を自力で取得できる方法はない、ということになります。

いやいや・・・ちょっとびっくりしましたが、これが現状のようです。

当然、日本に郵送を頼める身内が存在しない、というケースも出てくるはずですが、その際は、現地の領事に直接相談できるようにはなっているみたいです。

「 海外旅行で命の次に大切なのはパスポート! 」

空港などで目にするこのフレーズは、あながち間違いでもなさそうですね。

  • まず、紛失しないように気をつける!
  • 盗難にあわないように気をつける!
  • そして、海外でのロングステイには戸籍謄本を持参する!!

な~んか、ちょっと調子狂いますが、現状、戸籍謄本の持参は真剣に検討した方がいいかもしれませんね。そして、パスポートとは別に保管しておくことも忘れずに!


 

関連記事

~PROFILE~

MOTOです。
2003年に初訪台し約1年の滞在で強烈な台湾ファンに!
その後も訪台し、2008年には台湾のNPO法人さんとお仕事した際に超大まかながら台湾一周を実現。
2013年、好きが高じて台湾に移住。現在、トータルの海外在住歴19年目に突入。

最近食べ歩きばっかりしてますが、体脂肪率は19%台を何とかキープ。
でも深刻なチョコレート依存症(笑)

雑誌「anan」に掲載されました。

ananpic


→さらに詳しいプロフィール

~登場人物~

アイリン。
日本生まれの日台ハーフ。小学校から高校まで台北、大学4年間は日本、現在は台北在住。
2015年3月より「MOTOとアイリンのエンディングトーク」に出演。(記事の最初の部分にも結構出てます)
最大の悩みは、実物よりイラストの方がちょっとだけ可愛いこと!

Twitter

月別アーカイブ

ヤフーカテゴリー登録サイト

台湾ロングステイ再び!はヤフーカテゴリ登録サイトです。
ページ上部へ戻る