台湾はいつから夏になる?

「台湾はいつから夏になる?」というタイトルで、今回は、台湾の夏の気温に関してお伝えしてみます。


現在、既に7月の後半に入っていますので、日本でも夏を感じられる気温になっていますよね。ということは、当然ながら台湾でも夏になっているであろうことは容易に想像がつきます。

では、いったいどの辺りから、台湾では夏らしい気温になっていくのでしょうか?

当サイトでも過去30年間に渡るデータを元に、台湾の複数の都市の気候や気温についてお伝えしていますが、今回は、厳密に今年の気温データをさかのぼる形で、台湾にて、季節が夏に切り変った時期を確認してみようと思います。

まずは、以下のデータをご覧ください。6月初旬と7月初旬の、台湾北部から南部までの気温状況のデータです。最低気温と最高気温が記載されています。

☆★☆ 7月第1週
北部   26-32℃
東北部  27-32℃
中西部  28-33℃
東部   28-33℃
南部   29-33℃
南東部  29-34℃

☆★☆ 6月第1週
北部   25-32℃
東北部  24-31℃
中西部  25-32℃
東部   24-31℃
南部   26-32℃
南東部  25-31℃

こう見ると、6月の初旬から既に最高気温が30度を超えていて、すっかり夏が始まっていることがわかります。

さらにさかのぼっていくと

☆★☆ 5月第1週
北部   24-28℃
東北部  21-27℃
中西部  24-30℃
東部   22-27℃
南部   25-31℃
南東部  23-29℃

5月の初旬で、既に20℃台の後半から、エリアによっては30℃を越えてきていますね。このまま、さらにさかのぼって、春から夏に変ったと感じられる境界まで見ていってみると・・・

☆★☆ 4月第4週
北部   23-30℃
東北部  22-29℃
中西部  24-31℃
東部   22-29℃
南部   25-31℃
南東部  23-30℃

☆★☆ 4月第3週
北部   20-24℃
東北部  20-24℃
中西部  21-27℃
東部   21-27℃
南部   22-28℃
南東部  22-27℃

以下のようなデータの開きを確認しました。4月の第3週になると最低気温も20℃付近、そして最高気温も25℃付近での推移となり、この時点では、まだ夏と呼ぶにはちょっと厳しい状況だったことが確認できます。

台湾の一足早い夏を楽しむか・・・
台湾の春を夏がくる前までじっくり堪能するか・・・

このテータをどのようにロングステイに活かすかは、各ロングステイヤーの皆さん次第ですが、いずれにしても、2009年の春から夏への移り変わりは4月の第3週から4週にかけて起こったということになりそうです。

勿論、来年はどのような推移になるのかはわからないわけですが、今年のデータを一定の物差しとして利用し、台湾でのロングステイプランにぜひぜひお役に立てていただければと思います。

HAVE A NICE 台湾ロングステイ!!


 

~PROFILE~

MOTOです。
2003年に初訪台し約1年の滞在で強烈な台湾ファンに!

その後も何度も訪台し、2008年には台湾のNPO法人さんとお仕事した際に超大まかながら台湾一周を実現。2013年、好きが高じて台湾に移住。

外食ビジネスを営む家で育つ。祖父は製麺工場。

そんな流れで台北では食べ歩きばっかり(笑)ワークアウトしてるので体脂肪率は17~18%台を何とかキープ。でも深刻なチョコレート依存症(笑)

マガジンハウス社の雑誌「anan」に掲載されました。

ananpic


→さらに詳しいプロフィール

~登場人物~

アイリン。
日本生まれの日台ハーフ。小学校から高校まで台北、大学4年間は日本、現在は台北在住。
2015年3月より「MOTOとアイリンのエンディングトーク」に出演。(記事の最初の部分にも結構出てます)

Twitter

月別アーカイブ

ヤフーカテゴリー登録サイト

台湾ロングステイ再び!はヤフーカテゴリ登録サイトです。
ページ上部へ戻る