甘さが超強い品種のマンゴーなのでパッションフルーツのプチプチ酸味とコラボしてみた

mangotaino-passion-2013-06-302017.07.23-1

甘すぎーなくらい強い甘さが特徴の品種のマンゴーに遭遇したので、パッションフルーツの酸味とプチプチ感をコラボさせたらどーなるんだろ?!


・・・というナイスアイデアなのか無意味な妄想なのかわからないようなことを考えつきました。考え付いちゃったらやるしかないですよね・・・ってことで、実際にやってみました!

そもそも今回、このブログではお馴染みの希望広場で「台農一號」というずっと探していた品種のマンゴーを発見! 家に帰って早速食べてみたところ物凄い甘さな反面、柑橘系の程よい酸味があまり感じられず物足りない感が出てきちゃったんですよね・・・贅沢な悩みなんですが(笑)

mangotaino-passion-2013-06-30 16.59.21-1.jpg

そこで同じく希望広場で大人買いしてきた「柑橘系のいい感じの酸味と種のプチプチ感」が特徴のパッションフルーツをトッピングしてみたら最高なんじゃないー!! って期待度MAXにして試したら、やっぱりドンピシャな相性でした!!

マンゴーとパッションフルーツのコラボ、かなり凄い!

このマンゴー、「台農一號」っていう品種で、生産者さん曰く、別名「蜜マンゴー」業者さん間での通称かもしれませんが・・・(笑)まあ、いずれにしても甘さが強烈ってほどに甘いマンゴーなんです!その分酸味が控えめな感じしたんですよね。

最初は超甘ーって喜んでたんですが、だんだん酸味との甘みのハーモニーが欲しいなーって感じるようになり、18個150元という激安価格で買ってきたパッションフルーツをトッピングすることに。

パッションフルーツ

このマンゴーの甘さって、釈迦頭のような濃~い甘さで、濃すぎて粉っぽさを感じるくらいなんですよね。なので、ここにパッションフルーツの酸味と種のプチプチ感をトッピングしたら最高なんじゃないーって。

特に、「パッションフルーツの種のプチプチ感」とマンゴーとのコラボな感じって、どうなるんだろーっていう方向の期待も大いにありました。いてもたってもいられず、おもむろにパッションフルーツを素手でこじ開け、中身のプチプチでプルプルの種をトッピングする準備完了!

パッションフルーツ

早速かけてみましたー!マンゴーの上にパッションフルーツ!贅沢です!!

いざ実食。

mangotaino-passion-2013-06-30 17.07.23-1.jpg

マンゴーの甘すぎるほどの甘さが、パッションフルーツの酸味にドンピシャ!

さらにパッションフルーツの種のプチプチ感がさらなるアクセントでマンゴー食べてるってことを忘れちゃう感じ!
思わぬ美味しさにニンマリ!新たな発見でした。台湾で試す機会がある方はぜひやってみてくださいー!!

台湾のフルーツの旬をまとめた一覧表はこちら ←←

 


 

~PROFILE~

MOTOです。
2003年に初訪台し約1年の滞在で強烈な台湾ファンに!

その後も何度も訪台し、2008年には台湾のNPO法人さんとお仕事した際に超大まかながら台湾一周を実現。2013年、好きが高じて台湾に移住。

外食ビジネスを営む家で育つ。祖父は製麺工場。

そんな流れで台北では食べ歩きばっかり(笑)ワークアウトしてるので体脂肪率は17~18%台を何とかキープ。でも深刻なチョコレート依存症(笑)

マガジンハウス社の雑誌「anan」に掲載されました。

ananpic


→さらに詳しいプロフィール

~登場人物~

アイリン。
日本生まれの日台ハーフ。小学校から高校まで台北、大学4年間は日本、現在は台北在住。
2015年3月より「MOTOとアイリンのエンディングトーク」に出演。(記事の最初の部分にも結構出てます)

Twitter

月別アーカイブ

ヤフーカテゴリー登録サイト

台湾ロングステイ再び!はヤフーカテゴリ登録サイトです。
ページ上部へ戻る