郭元益のパイナップルケーキ~特徴的なジャムの風味が楽しい有名店

kakugeneki-DSC04415

郭元益さんのパイナップルケーキをいただきました。郭元益と言えば、工場見学もできちゃうくらい有名なお店。賞の常連でもあります。ここのパイナップルケーキをいただいて最も特徴的だと思ったのは、他のお店とは感じの違う味わいのジャム!こういう風味は他のお店のものでは感じなかったですね。全体のバランスもしっかりとれていて美味しいです。
 
その他、台湾のパイナップルケーキ40種類以上を実食レポートしてます。← こちらもご覧ください!


 
郭元益さんは士林にある工場見学できる本店が思い浮かぶと思うんですが、台北にいくつか支店があるので便利です。

今回は京華城から北上した南京東路5段にあるお店にて購入しました。



郭元益さんのパイナップルケーキは、台北のパイナップルケーキ文化節の見本市で30種類ほど食べまくった時、最後の最後に食べて物凄い落ち着く味でしっくりきたことを思い出します。

種類的には、通常のパイナップルケーキ、そして卵入りのタイプの2種類があります。


形は正方形。

焼いてある生地部分はそれほどバターの風味は強くない印象。


ジャムは結構細かく越してあって繊維はあまり感じません。

食べると、ふわぁーっとパイナップルのジャムのテイストが拡がりますが、この味わいがちょっと変わっていて、パイナップルのジェリーっていうかキャンディー・・・みたいな風味を感じるんですよね。


食感はやわらかくスムーズだなって感じますが、ジャムはチューイーさを感じたりして楽しいです。
特徴的な風味やチューイーな食感などなど、ジャムを主体に楽しませる感じで仕上げてあるのかな・・・って印象です。

というわけで、今回、台北で手に入るパイナップルケーキのお店を中心に10社15種のパイナップルケーキを並べて一度に実食!

そんな中での感想ということで、郭元益さんのパインケーキだけを食べたら意識しないかもしれない風味だけど、他のお店のものと比べながら食べると、このお店の特徴のある風味を実感できたりするかな・・・って思います。

勿論、おいしいって思える仕上がりです!

 

郭元益

http://www.kuos.com/stores.html
支店はいくつもありますので公式サイトをチェックしてみてください!


 

~PROFILE~

MOTOです。
2003年に初訪台し約1年の滞在で強烈な台湾ファンに!
その後も訪台し、2008年には台湾のNPO法人さんとお仕事した際に超大まかながら台湾一周を実現。
2013年、好きが高じて台湾に移住。現在、トータルの海外在住歴19年目に突入。

最近食べ歩きばっかりしてますが、体脂肪率は19%台を何とかキープ。
でも深刻なチョコレート依存症(笑)

雑誌「anan」に掲載されました。

ananpic


→さらに詳しいプロフィール

~登場人物~

アイリン。
日本生まれの日台ハーフ。小学校から高校まで台北、大学4年間は日本、現在は台北在住。
2015年3月より「MOTOとアイリンのエンディングトーク」に出演。(記事の最初の部分にも結構出てます)

Twitter

月別アーカイブ

ヤフーカテゴリー登録サイト

台湾ロングステイ再び!はヤフーカテゴリ登録サイトです。
ページ上部へ戻る