サニーヒルズ パイナップルケーキの真実!台北と南青山では味が完全別モノだった!

f630-sunnytop630full

サニーヒルズ(微熱山丘)のパイナップルケーキは、南青山にお店が出来てから日本でも食べられるようになりました。でも日本向けのパイナップルケーキは別の味に仕上げた・・・という話だったので興味深々だったんですよねー。
 
今回、サニーヒルズの南青山のものと台北のものを食べ比べる機会を得たのでリアルな感想をお伝えしてみようと思いますが、正直、かなり驚きの結果となりました!


 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

MOTOさーん、
この見慣れないサニーヒルズのパイナップルケーキ、
一体、何ですか?

 
 

あ、それね、
台湾人の知人からの東京土産!
日本仕様のパイナップルケーキだって。

 
 
f-150202-120806-1

えーー!南青山にあるお店で売ってるやつ?
確か、これって台湾のものと味が違うんですよね??

 
 

そうなんだよね。
だから今から台北のサニーヒルズに買いに行くよー。

 
 

了解ー。ってことは、食べ比べですね!

 
 
 

そうそう。
それと今日は日本のお店では売ってない
「パイナップルジュース」もゲットする予定!

 
 

えー、楽しみー!!
じゃあ、そっちのレポートもお伝えできるってことですね。

 
 
 

というわけで、今回の「MOTOとアイリンのエンディングトーク」は、
「台湾のお店でしか買えない果汁100%パイナップルジュースのお味は?」
についてです! 記事の最下部にて♪

 
 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

■このページのコンテンツの目次■

 

サニーヒルズは台湾を代表するパイナップルケーキのお店です

台北のサニーヒルズ(微熱山丘)は台北松山空港周辺のエリアにあり
民生東路というストリートからちょっと奥に入ったところにあります。

パイナップルケーキって、代表的な台湾のお土産の1つで、
通常はベーカリーとか洋菓子のお店が販売してることがほとんどなんですが、

サニーヒルズの場合、パイナップルケーキ専門店・・・という、
かなり異色の存在で、台湾国内でも大きく注目されてるブランドです。

f-2013-08-22 15.30.33-1

まずは看板からしてお洒落。他のパイナップルケーキを売ってるお店とは
ブランドイメージがかなり違うんですよね。

お店は試食のためのテーブルと椅子があって
そこでまずは試食ができる・・・というコンセプト!

f-2013-08-22 15.23.14

販売のためのお店っていうより、試食の為のお店です、完全に(笑)
お店のほとんどが試食のためのテーブルと椅子のスペースになってます。

さらに別室があって、そこも全てが試食用のスペースです。

f-2013-08-22 15.20.26-1

試食っていっても、パイナップルケーキを細切れにしたものを試食、
・・・みたいな感覚ではないです。

商品を丸ごと1個試食する・・・ってスタイルで、
さらにお茶まで付いてくるという、ちょっと考えられないスタイルの試食!

・・・という、いろんな意味でかなりユニーク!
それがサニーヒルズ(微熱山丘)というブランドです。

パイナップルケーキ自体も、これまたこだわりを強く感じる仕上がりです。

こだわりの生地には日本製の上質小麦粉、新鮮なブランド卵、
芳醇で肌理細かい百年の歴史を誇るFrance Échiré 産AOP認証の
発酵バターを使用し、合成添加物は一切加えません。

 

これまでに台湾で22ブランド以上のパイナップルケーキを実食してますが、
その中でもサニーヒルズさんは超独特なこだわりを感じる仕上がり!

ひときわ目立つパイナップルケーキの1つです。

目次へ戻る↑

 

東京の南青山に出店 日本でも買えるようになりました

そんなこだわりのあるパイナップルケーキは
台湾を旅行した時にゲットする代表的なお土産のアイテムでしたが、
2013年の年末に東京南青山にお店がオープンしました。

台湾国内の報道で、日本で販売している商品は味が異なるって聞いて
かなり興味をそそられました(笑)

実際、2013年12月22日にフェイスブックでその旨を投稿しています↓
(スマホからだと見づらいかも・・・です)

~~~~~~~~~~~~~~~~~

sunnyaoyama

~~~~~~~~~~~~~~~~~

 
酸味を抑えた仕上がりになってるって聞いていたんですが、
サニーヒルズってあの強烈な酸っぱさが特徴なのに、それを抑えちゃうんだな・・・と。

なので、どんな仕上がりなのか物凄く興味あったんですよね。
ちなみに両方とも台湾で作ってるみたいです↓

f-r5-150202-121039-1

両方とも「原産地・原産国名」は「台湾」になっています。
日本仕様の商品も、台湾で作ってから東京まで運んで販売してるってことみたいですね。

 

目次へ戻る↑

 

日本仕様と台湾仕様、食べ比べてみました

f-r5-150202-120915-1

パイナップルケーキで肝心なのは、とにかく中身のジャムです。
このテイストがどういう方向かで、ケーキ全体の味が決まります。

で、そのジャムについて日本と台湾のものをまず見比べてみると、
画像見ただけで明らかに違いがわかりますね(笑)↓

f-r5-150202-122504-1

・左側→日本で販売されてるもの
・右側→台湾で販売されてるもの

台湾のものは、とってもパイナップルらしい酸味が強いことで有名ですが、
日本で販売されてるものは明らかに酸味が弱そう・・・そんなビジュアル。

で、実際食べてみると完全に別モノ!
同じブランド内の、別テイストの商品という感覚です。

目次へ戻る↑

 

台湾仕様は酸味が特徴でパイナップルらしさが強いです!

f-DSC04624-1

そもそも台湾仕様のパイナップルケーキは、一言で言えば、
強烈なパイナップルの風味がギューッと詰め込まれてる!
そんな印象です。

ここの特徴はとにかくリアルで圧倒的なパイナップル感を楽しめること!酸味と、それを際立たせる隠し味、さらにしっかり美味しい外側のクッキーの部分の全てにこだわりを感じます。相当数食べ比べてる中で感じるのは酸味の強さを楽しめること!酸味のインパクトは最も強い部類に入ると思います

 

まず何と言ってもパイナップルの繊維の強さが全然違います!

台湾のものは繊維を思いっきり残してあって、
それを含めてワイルド感が強烈なのが大きな特徴!!

さらにテイストの部分でも酸味を前面に出した仕上がりで、
隠し味的に、しょっぱさを入れてるんですよね。

ここまで22ブランド以上を実食してきたなかで、
明らかに隠しテイスト盛り込んでますねーとダントツで感じさせるのは、サニーヒルズさんの特徴と言えると思います。

これに対して日本仕様のものは
これがサニーヒルズのパイナップルケーキー!?って思わせるくらい
超おとなしい酸味!

パイナップルの繊維も残っていはいるけどかなり抑え気味になっていて
食感の部分からして大きく異なる印象。

使ってるパイナップルの種類も違うかもなーって思うくらい
見事に食感も酸味も全然違います!

ただ、酸味が完全になくなってるってとこまでは行かず、
比較すると大分引っ込めてあるけど酸味が消えてしまってるわけではありません。

そんなレベルです。

目次へ戻る↑

 

日本で販売してるものはクッキー部分にしっとり感あり!

さらに日本仕様は外側のクッキーに「しっとり感」があって、
ジャムとの相性がすごく良いです。

f-r5-150202-121820-1

両方並べてみると、台湾で販売してるものは、外側のクッキーが
既にひび割れてる箇所がありました。

右側の日本で販売してるものは、しっとり感があるためか
ひび割れが全く起こってなかったです。

・左側→台湾仕様
・右側→日本仕様

f-r5-150202-121903-1

日本仕様はジャムが酸味控えめで甘さを強めに感じるんで
外側のしっとりなクッキーがドンピシャにマッチ!

まろやかさが倍増するような感覚になってて美味しいです。

目次へ戻る↑

 

台湾仕様は外側のクッキーをビターに焼いてるような感覚

これに対して台湾仕様は、その特徴のあるジャムに合わせるかのように
外側のクッキーは強めに焼いてあってビターなテイスト!

f-r5-150202-122426-1

さらに、日本仕様と比べると若干ながら硬め。

中身のジャム部分の繊維が強く酸味も強烈になっているんで、
そのインパクトに負けないように、ビターで少し硬めにクッキーを仕上げてる・・・、

そんな感じなのかなと。

勝手な想像ながら、何~か妙に納得できるコンセプトなんですよね。
ますますサニーヒルズさん、好きになりました(笑)

目次へ戻る↑

 

台北と南青山のパイナップルケーキ食べ比べ まとめ

正直、まさかここまで違うとは思ってませんでした(笑)

■■台湾仕様の特徴■■

  • 酸味が強いのが特徴
  • パインの繊維を残してあってワイルド感がある
  • 外側のクッキーがややビターな印象

 

■■日本仕様の特徴■■

  • 繊細なまろやかさがあって甘さを楽しむ感じ
  • パインの繊維は少し残してある程度
  • 外側のクッキーはしっとり感がまろやかさが倍増

 
パイナップルケーキって、通常、

  • 甘さが特徴のノーマルタイプ
  • 酸味が特徴のワイルドタイプ

の2種類を販売してるブランドが多いんですが、
サニーヒルズの場合、1種類しか販売してなくて、
味わいから勝手に判断すれば、ワイルドタイプのみでした。

いろんなブランドのワイルドタイプの中で比べても
最も繊維が強烈に残っていて最も酸味が強い・・・というポジションでした。

それを考えると、日本で販売してるものは
「甘さが特徴のノーマルタイプ」を作った・・・そんな印象の仕上がりになっています。

日本市場向けということを強く意識し
そもそも全く別のパイナップルケーキを開発した・・・そんな感じです。

さらに! 日本のものは、一つ一つに乾燥剤らしきが入ってましたよー。

f-r5-150202-121658-1

これ見た瞬間は、「ここまで違うのかよー・・・」って、
思わず笑ってしまいました(笑)

台湾で製造して日本へ運ぶという時間的な負担を考慮してるかもですが、
日本向けに品質の徹底を強化してるっていう感じもあるのかな・・・って思ってます。

台湾仕様、日本仕様、ここまでコンセプトが異なって味や食感なども完全に別商品なので、
パイナップルケーキが好きな方には両方オススメです。

その上で好き嫌いは分かれるとは思いますが、
まずはテイストしてみて、その違いを体感してみると面白いと思います。

目次へ戻る↑

 

サニーヒルズ(微熱山丘)基本情報とアクセス方法

サニーヒルズ台北

住所:台北市松山區民生東路五段36巷4弄1號
電話:02-2760-0508
公式サイト

 
■サニーヒルズ台北へのアクセス/行き方■

最寄駅はMRT中山国中駅。降りたら民生東路を左へ入ります。途中、敦化北路を通過して光復南路も通過し、「民生東路五段36巷」を右折。

ここがちょっとわかりにくいかもですね。「民生東路五段36巷」の様子は↑こんな感じ。ここを右折したら、1~2分そのまま歩きますが、

左側が公園っぽい感じになるので、その付近をキョロキョロすると↑入口が見えます。

続いて、バスの場合。

最寄りのバス停は「介壽國中」↑

MRTから若干歩かなきゃなエリアはバスが便利ですね。いくつか路線が出てるのでグーグルマップでチェックしてみてください。15路線くらいが出てきます。

ちなみに僕は忠孝復興駅そばのバス停から#262を使ってます。(勿論、乗り換えなし)

 

サニーヒルズ東京南青山

住所:東京都港区南青山3丁目10−20
電話:03-3408-7778
公式サイト

f-r5-150202-121343-1

■サニーヒルズ東京南青山へのアクセス/行き方■
東京のお店に関しては以下のマップを参考にしてみてください。
マップでルート検索等も可能です。

 

価格

パイナップルケーキ(10個入り)
台湾:420元
日本:3000円

パイナップルジュース(果汁100%)
台湾のみ:2本150元 6本300元
※1本252ml入り

 

ネット通販情報

サニーヒルズは東京でも台北でもネットから通販で購入可能です。
→ 台湾
→ 日本

 

MOTOとアイリンのエンディングトーク

台湾のお店でしか買えない果汁100%パイナップルジュースのお味は?

今回の台湾仕様と日本仕様の食べ比べどうでした??
MOTOさん的にはどっちがお好み?

 
 
 

難しいねー。
何気に日本仕様が好きかもなんだけど、
でもそもそも台湾仕様がないとサニーヒルズじゃないような・・・(笑)
アイリンならわかるでしょー、この感覚!

 
 

勿論わかりますよー。
って言うか、サニーヒルズファンならみんなわかるはず、その感覚は。

 
 
 

ところで前々から気になってた
パイナップルジュース、あれかなりビックリだったね。

 
 
 
f-150619-011738(1)

ですねー!
あそこまで甘くって、加糖なしの果汁100%ですからね。

 
 
 
f-150619-130028-1

ホントびっくりな味!
ここまで濃厚で甘いんだねーって印象だったね。
濃厚すぎて若干クセを感じるんだけど、
それでも旨い!って思っちゃうくらい濃厚で甘かったよね。

 
 

その100%ジュースが瓶詰になってるんだから
お土産にも良さそうですね。

 
 
 
f-150619-011842(1)

そうそう。
サニーヒルズのパイナップルケーキをお土産であげる時に
このジュースも付いてたら盛上るはず。

 
 

興味ある方はぜひ飲んでみてください。
私も今からもう1本飲んでみまーす!

 
 
 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ つづく
初回投稿:2013年9月16日


 

~PROFILE~

MOTOです。
2003年に初訪台し約1年の滞在で強烈な台湾ファンに!
その後も訪台し、2008年には台湾のNPO法人さんとお仕事した際に超大まかながら台湾一周を実現。
2013年、好きが高じて台湾に移住。現在、トータルの海外在住歴19年目に突入。

最近食べ歩きばっかりしてますが、体脂肪率は19%台を何とかキープ。
でも深刻なチョコレート依存症(笑)

雑誌「anan」に掲載されました。

ananpic


→さらに詳しいプロフィール

~登場人物~

アイリン。
日本生まれの日台ハーフ。小学校から高校まで台北、大学4年間は日本、現在は台北在住。
2015年3月より「MOTOとアイリンのエンディングトーク」に出演。(記事の最初の部分にも結構出てます)

Twitter

月別アーカイブ

ヤフーカテゴリー登録サイト

台湾ロングステイ再び!はヤフーカテゴリ登録サイトです。
ページ上部へ戻る