行列ができる「ふんわり系ネギ餅」~士林駅林葱抓餅

f-2013-11-20 16.42.58-1

台湾では「ネギ餅」という定番のメニューがあり、朝食として食べたりおやつ感覚で食べたりと、とっても人気があります。今回は士林駅から降りてすぐの人気店「林葱抓餅」へ。ネギ餅と言っても「葱抓餅」「葱油餅」の2種類がありますが、このお店はフワッとした仕上がりが特徴の葱抓餅のタイプ。出来立てをすぐに食べるのが超幸せ!


この看板が目印↑ 士林駅の1番出口から降りてきてすぐの右側にあります。 「葱抓/ツォンヂュアビン」はテイクアウトのみ。駅前なんで座れるところがいくつかあるから、その場で出来立てをいただくのがベストです!

ここ林葱抓餅は、プレーンの葱抓餅も30元、高菜(酸菜)入りにしても30元だけど、高菜入りにしたい時はオーダー時に伝える必要ありです。「加酸菜/ジャ スゥァン ツァィ」と言えばOKです。

じゃんじゃん焼いております↑ 毎回必ず並ぶけど、作ってるとこを見たりしてると待たされても苦になりません。むしろ、早く食べたいーって盛上ります(笑)

お待ちかねの葱抓餅、こういう包み紙な感じ、懐かしさ感じますね。雰囲気あります。

アツアツをすぐにいただくのがベスト! 1枚だけ家まで持って帰って食べたけど、おいしさとは天と地の差ありでした・・・。無理してでもその場で即効食べましょー(笑)

いやゆる普通の「ネギ餅」である「葱油餅」とは異なり、いい具合にほぐれてる感があります。バラバラ感のあるイメージ。

このほぐれ感、焼かれた葱抓餅を料理用ハンマーみたいなもので叩くことで出てきます。叩くことで餅の腰が折れてほぐれる感じになり、食べた時の食感が「フワフワ」な感じに! これが最高にいい感じなんですよね。

葱抓餅と葱油餅では、最初に小麦粉を平らにする部分での工程がちょっと違うんですが、その違いがあることで、叩いた時にほぐれやすくなる感じ。 出来上がった時の味わいはほぼ同じで、食感だけは大きく異なります。

僕的には断然、葱抓餅派! このほぐれたフワフワ感がたまらないんですよー(笑)

高菜入りをオーダーしました↑ やっぱ高菜が入るとプレーンな感じとは違った印象になりますね。

ただ、高菜がのってない部分が結構あるので、実質、プレーンと高菜入りの2種類を同時に楽しめます。なので、迷う場合は高菜入りをオーダーするのも良いかもです。

出来立てのチーズ入りタイプ↑ 単にスライスチーズみたいなのを入れてるだけだけど、チーズ入りはチーズ入りで旨いです! ネギ餅とチーズ、結構いい感じでマッチします。

毎回、高菜入りとチーズ入り、両方オーダーしてます!

ここ林葱抓餅、ほぼ毎回並びます。って言っても数分ですね。だいたい、いつも6~7人は並んでる感じ。

すぐ近くに、ほぼ同じようなスタイルの葱抓餅を売ってるお店があるけど、断然、こっちの林葱抓餅の方が人気がある感じです。

中高生や小学生とか年齢性別全く関係なく並んでます。おやつにはもってこいですしねー。価格的にもお手軽だし。いいなぁー、台湾の小学生とかは。こんなおいしいものお手軽におやつで食べたりして(笑)

 

士林站林葱抓餅へのアクセス・オーダー方法など

台北市中正路235巷8號
MRT士林駅1番出口から降りてすぐ右手にあります。超簡単アクセスです。

・葱抓餅(ツォン ヂュア ビン) 30元
・高菜入り(酸菜/スゥァン ツァィ) 30元
・チーズ入り(起士/チー シー) 40元
・たまご入り(蛋/ダン) 35元
  →たまご入りは、辣醤(ラージャン)を入れるか、醤油(ジャンヨー)を入れるか訊かれます。要る(ヤオ)か不要(ブーヤオ)かを伝えます。


 

関連記事

~PROFILE~

MOTOです。
2003年に初訪台し約1年の滞在で強烈な台湾ファンに!
その後も訪台し、2008年には台湾のNPO法人さんとお仕事した際に超大まかながら台湾一周を実現。
2013年、好きが高じて台湾に移住。現在、トータルの海外在住歴19年目に突入。

最近食べ歩きばっかりしてますが、体脂肪率は19%台を何とかキープ。
でも深刻なチョコレート依存症(笑)

雑誌「anan」に掲載されました。

ananpic


→さらに詳しいプロフィール

~登場人物~

アイリン。
日本生まれの日台ハーフ。小学校から高校まで台北、大学4年間は日本、現在は台北在住。
2015年3月より「MOTOとアイリンのエンディングトーク」に出演。(記事の最初の部分にも結構出てます)
最大の悩みは、実物よりイラストの方がちょっとだけ可愛いこと!

Twitter

月別アーカイブ

ヤフーカテゴリー登録サイト

台湾ロングステイ再び!はヤフーカテゴリ登録サイトです。
ページ上部へ戻る