史記正宗牛肉麺~厚みのあるスープの深い味わいが他店と圧倒的に違う!

史記正宗牛肉麺で紅焼牛肉麺をいただいてきました。台北でも超人気の牛肉麺のお店です。久しぶりに行ってみたら月曜日だというのに満席!それも既に13時を回っているのに!外で15分ほど待ってからようやくテーブルへ案内されました。


最近、「台湾麺ナビ」の更新をストップし、こちらのブログに移してるので史記正宗牛肉麺さんの情報も改めて掲載することにしました。

いやしかし、ここ史記正宗牛肉麺さん、勿論以前から人気あるお店ですが、またさらに人気がでてきてるのかな・・・と思わされましたね。やっぱとことんまでのこだわりって大事なんですねー。

何か、このお店もだんだんと観光地化してきてるような雰囲気。今に並ばないと食べられないお店・・・になっちゃいそうですね(笑)

この画像は以前に撮影して「麺ナビ」に載せてたものですが↑ お店の雰囲気、かなりいい感じですよね! 女性でも普通に楽しめる雰囲気ですし。って言うか、女性のお客さん率、結構高めです。

しかし、久しぶりにいただいてみて、改めておいしさを実感!細麺ってのもそそります。

とにかく徹底した煮込みをやってるらしくスープに厚みがあるんですよね。ここ数か月で、サイトに掲載していないお店も含めかなりの牛肉麺のお店に足を運んでますが、史記正宗牛肉麺さんの場合、こだわりの仕事がスープの味わいに思いっきり反映されてるってのをダイレクトに感じます。

徹底したこだわりの仕事に圧倒的な自信があるようで、牛肉麺系のメニューに関してはかなり高めの価格です。一番安い紅焼牛肉麺でも190元!けっこうしますよね。

反面、ビーフ系以外のメニューは100元以下になってるんで、やっぱ、牛肉麺系は意識的に高めの価格にしているようです。

まあ、それも納得です。

史記正宗牛肉麺の紅焼牛肉麺の特徴は、厚みのあるスープの深い味わいと辛さ! そこへ、にんにくテイストが入ってる感じ。でも、意外ににんにく臭さは感じません。

お店も清潔でインテリアもかなりいい感じ。MRT行天宮駅からちょっと歩きますが道1本で行けるのでアクセスもしやすいロケーションです。

 

史記正宗牛肉麺へのアクセス

台北市中山區民生東路二段60號

史記正宗牛肉麺へはMRTが便利です。最寄駅はMRT行天宮駅。1番出口から地上へ上がると最短です。

地上へ上がったら民生東路と松江路の交差点になってます。向かって右側(西側)にお店があるんですが、1番出口のサイドとは反対側にお店があるんで、とりあえず民生東路を渡ります。

mennavishoki-2013-05-21-14.07.34

反対側へ移動したら向かって右側へ歩くこと5分ほどで↑目印の看板がでてきます。画像は前に撮影して「麺ナビ」に掲載していたものですが、今も同じ風景ですのでご安心を。

初回投稿:2013年5月25日


 

~PROFILE~

MOTOです。
2003年に初訪台し約1年の滞在で強烈な台湾ファンに!

その後も何度も訪台し、2008年には台湾のNPO法人さんとお仕事した際に超大まかながら台湾一周を実現。2013年、好きが高じて台湾に移住。

外食ビジネスを営む家で育つ。祖父は製麺工場。

そんな流れで台北では食べ歩きばっかり(笑)ワークアウトしてるので体脂肪率は17~18%台を何とかキープ。でも深刻なチョコレート依存症(笑)

マガジンハウス社の雑誌「anan」に掲載されました。

ananpic


→さらに詳しいプロフィール

~登場人物~

アイリン。
日本生まれの日台ハーフ。小学校から高校まで台北、大学4年間は日本、現在は台北在住。
2015年3月より「MOTOとアイリンのエンディングトーク」に出演。(記事の最初の部分にも結構出てます)

Twitter

月別アーカイブ

ヤフーカテゴリー登録サイト

台湾ロングステイ再び!はヤフーカテゴリ登録サイトです。
ページ上部へ戻る