台湾マンゴーの対日輸出が過去最高・・・あ、おもしろい台湾旅行のテーマ思いついた!

台湾産のマンゴーの対日輸出が、今年は過去最高だったようです。
輸出量が前年比15.4%とのことです。
私も台湾産のマンゴーをケース単位で手に入れて、毎年、その濃厚な甘さを堪能してます。
そのおいしさがますます認知されるのはうれしい限りです。
宮崎のかなり高額なマンゴーも毎年食べてますが、あそこまで高いものを選ぶ理由がわかりませんね。
毎年、宮崎産と台湾産のマンゴーを両方食べてますが、正直、両者とも変わりません。
だったら、同じ金額出して台湾産のマンゴーをもっと購入すればいいのに・・・とか思っちゃいます。
逆に、台湾へ出かけていって、宮崎産の高額なマンゴーと同じ金額を払って、現地にて最高品質中の最高品質レベルの台湾マンゴーを堪能する・・・
この方がよりインパクトの大きな体験をできるかもしれません!
まあ、宮崎産の高額なマンゴーと同じような価格で販売されてる台湾産のマンゴーが存在するかどうかは不明です。
でも、あるかないかは別として、そんなテーマで台湾へ出かけてみるのも面白いですね
話は飛躍しちゃいましたが、台湾のマンゴーが美味しいっていうのは、これって当たり前っていうか、そもそも、台湾はマンゴーの本場ですからね。
おいしくて当たり前っていえば当たり前ではあるわけです。
でも、ちょっと気になるのが、輸出額が26.3%増なんですよね。
輸出量15.4%増に対し、輸出額26.3%増・・・と、結構な開きがあります。
確かに、今年は前年より若干高めだな・・・という印象はあったんですが、それにしても、開きは大きいな・・・と思います。
台湾産マンゴーの良さは、高い品質と良心的な価格にあります。
日本産のものと価格のバランスをとるのであれば、本来、もっと高くてもいいと思います。
でも、安くて美味しいからこそ台湾産マンゴーのファンは存在しているわけで・・・。
これからも良心的な価格で毎年手に入れられることを望みます!



 

~PROFILE~

MOTOです。
2003年に初訪台し約1年の滞在で強烈な台湾ファンに!
その後も訪台し、2008年には台湾のNPO法人さんとお仕事した際に超大まかながら台湾一周を実現。
2013年、好きが高じて台湾に移住。現在、トータルの海外在住歴19年目に突入。

最近食べ歩きばっかりしてますが、体脂肪率は19%台を何とかキープ。
でも深刻なチョコレート依存症(笑)

雑誌「anan」に掲載されました。

ananpic


→さらに詳しいプロフィール

~登場人物~

アイリン。
日本生まれの日台ハーフ。小学校から高校まで台北、大学4年間は日本、現在は台北在住。
2015年3月より「MOTOとアイリンのエンディングトーク」に出演。(記事の最初の部分にも結構出てます)

Twitter

月別アーカイブ

ヤフーカテゴリー登録サイト

台湾ロングステイ再び!はヤフーカテゴリ登録サイトです。
ページ上部へ戻る