台北がアジアで最も屋台料理が充実した10大都市に選出!

台北がアジアで最も屋台料理が充実した10大都市のに選出されました。


今回の選定を行ったのは、[CNN GO]というCNN傘下の旅行情報のWEBサイト。
実際の屋台の所在地的な情報まで紹介されていましたが、お店によって味は微妙に違いますのでね。

あなたにピッタリの屋台は、台湾を旅行して、あなた自身がいろいろと試してみて探し出す必要がありますが、紹介されてる料理自体は、納得できるものばかりでした。

紹介されていた台北の屋台料理は

・焼き小龍包
・臭豆腐
・牡蠣の麺線
・台湾風中華バーガー
・胡椒餅
・牛肉麺
・豆花
・肉円/台湾風肉団子=バーワン
・ねぎ餅
・大腸包小腸

以上、10種類でした。

どれもこれも台湾旅行中に食べられる屋台料理の定番的なものばかりですよね。自分的にも、全て1度は食べたことのあるものばかり・・・そんな屋台料理がリストアップされてる感じでした。

台北以外の屋台料理の都市としては、

・ペナン
・バンコク
・福岡
・ハノイ
・シンガポール
・ソウル
・西安
・マニラ
・プノンペン

という感じで選出されています。

まあ、それなりにアジアの代表的な都市が入ったって感じですね。日本は入ってないだろうって思いこんでましたが、福岡が入っていて、そうそう、そうだったよねーって感じで、福岡の屋台が連なる感じを思い出しました。

そう言えば、2度ほど、旅行したことがあったあった・・・。

あ、でも特に屋台や夜市にこだわることもないですよね。

台北なんて、マジ、掃いて捨てるほどおいしいお店がありまくりですから!台湾旅行してて、食べ物に困る事って、まず、あり得ませんしねー。

勿論、お気に入りの屋台があれば、とことん通いつめるのも最高ですし、屋台でその料理を知って、別のお店を探したりするのも楽しいですよね。

あー、やば・・・。台湾の屋台料理の話なんてすると、単純に食べたくなるだけですし。この辺にしておきます。


 

~PROFILE~

MOTOです。
2003年に初訪台し約1年の滞在で強烈な台湾ファンに!

その後も何度も訪台し、2008年には台湾のNPO法人さんとお仕事した際に超大まかながら台湾一周を実現。2013年、好きが高じて台湾に移住。

外食ビジネスを営む家で育つ。祖父は製麺工場。

そんな流れで台北では食べ歩きばっかり(笑)ワークアウトしてるので体脂肪率は17~18%台を何とかキープ。でも深刻なチョコレート依存症(笑)

マガジンハウス社の雑誌「anan」に掲載されました。

ananpic


→さらに詳しいプロフィール

~登場人物~

アイリン。
日本生まれの日台ハーフ。小学校から高校まで台北、大学4年間は日本、現在は台北在住。
2015年3月より「MOTOとアイリンのエンディングトーク」に出演。(記事の最初の部分にも結構出てます)

Twitter

月別アーカイブ

ヤフーカテゴリー登録サイト

台湾ロングステイ再び!はヤフーカテゴリ登録サイトです。
ページ上部へ戻る