台北MRTはとっても便利

台北MRTの概要

台湾でのロングステイ生活でとてもお世話になったのがMRT。ずばり、電車です。木柵線という路線は高架になっていたり、その他路線の1部は地上になっていますが、主要部分のほとんどは地下鉄になっています。電車での生活に慣れていなかった私でさえ、台湾に着いた当日から利用できましたから、かなり使い勝手はいいと思われます。


利用する時に、その都度切符を購入することもできますし、「1日票」という、当日乗り放題のワンデイパスもあります。

そうそう、台北MRT内では飲食禁止になっています。これがホント、誰も飲食してないんですよね。

シンガポールも同様に地下鉄内での飲食は禁止されているんですが、法律が厳しいイメージのシンガポールのそれと比較しても、台北の皆さん、MRT内での飲食に関してはとってもマナーを守っておりました。ちょっとびっくりでした。



EasyCardは便利です

でも、ロングステイにピッタリはやはり「EasyCard」でしょう。「suica」ほどの機能はないですが、補充可能なプリペイド方式のカードです。

日本でもおなじみのシステムなので、説明の必要もないと思いますが、改札で切符を挿入する上部の所定の位置に、カードをかざして通過します。

毎回毎回切符を買うなんて面倒ですよね・・・これって世界共通です。

100台湾元(=台湾ドル)からプリペイドできるので、ロングステイの方はもちろん、短期の旅行でもMRTヘビーユーザーの方なら、利用してみると便利ですよ。

くれぐれも、補充し忘れには注意!! 私も何度かやりました・・・お気をつけてくだされー。

さてさて、この「EasyCard」。実は路線バスにも利用できるんです。MRTと全く同じシステムなので、これまたとっても便利に利用させてもらってました。

次回は、このバスについてお話します。


 

関連記事

~PROFILE~

MOTOです。
2003年に初訪台し約1年の滞在で強烈な台湾ファンに!
その後も訪台し、2008年には台湾のNPO法人さんとお仕事した際に超大まかながら台湾一周を実現。
2013年、好きが高じて台湾に移住。現在、トータルの海外在住歴19年目に突入。

最近食べ歩きばっかりしてますが、体脂肪率は19%台を何とかキープ。
でも深刻なチョコレート依存症(笑)

雑誌「anan」に掲載されました。

ananpic


→さらに詳しいプロフィール

~登場人物~

アイリン。
日本生まれの日台ハーフ。小学校から高校まで台北、大学4年間は日本、現在は台北在住。
2015年3月より「MOTOとアイリンのエンディングトーク」に出演。(記事の最初の部分にも結構出てます)
最大の悩みは、実物よりイラストの方がちょっとだけ可愛いこと!

Twitter

月別アーカイブ

ヤフーカテゴリー登録サイト

台湾ロングステイ再び!はヤフーカテゴリ登録サイトです。
ページ上部へ戻る