楽道麻辣鍋でワンランク上質な火鍋 朝4時まで営業!

rakumichi

台湾も冬らしい季節が一応あるので(笑)暖かい食べ物が人気になります。台湾で寒い時に食べるものと言えば火鍋!ってことで楽道麻辣鍋さんへ。若干高級路線なお店。一緒に行った台湾の方曰く「このお店は食材が新鮮!」 いろんなつけダレもあって楽しかったです。


「鍋底」は鍋のテイストの種類のこと。麻辣鍋 発酵させた酸味のある白菜鍋 昆布鍋などを選べます。その他、「漿類」と呼ばれる練り物や、海鮮、肉、野菜など何でも揃ってるお鍋の専門店。


今回は仁愛路に近い忠孝東路四段216巷付近にある新しい方のお店なんで店内も超いい感じに清潔。

まず薬膳茶が出て、

次にお通しの玉ねぎサラダ。

今回は鴛鴦鍋にして2種類のテイストを選択。麻辣鍋と昆布鍋です。


↓猪血は食べ放題。

食べる人にはうれしいサービスですね。台湾の方々には好評。僕は食べないです(笑)

楽道麻辣鍋さんの具材紹介

高級路線のお店だけあってやはり素材が新鮮。 今回はお祝いの席だったので、結構豪華な具材をオーダーしました。


出た-、松坂豚↓

松坂牛ではなく松坂豚。かなり昔にSOGOで「松坂豚」のイベントやってた時、うろだろーって思ってたんですが(笑)台湾ではちゃんとしたブランドになってるみたい。

エビの漿類と、

イカの漿類。練り物ですね。お鍋に入れて団子にして食べます。これ超美味しい!

太いはるさめ。タイ料理のパッタイに入ってるセンレックみたいな感じ。〆として最後にオーダーするのもいいですよね。

茹であがるとこんな感じに↑ さらに透明感が増します。 はるさめも太いタイプだと麺類食べてる感が出てきて満足度もアップ。

北海道産ホタテ。日本のモノを入れてる辺りが味道さんらしい。

イカ、

そしてカニ。この辺の海鮮系が入ってくるとより美味しくなりますね(笑)

これこれ↑ 油條にエビの練り物を混ぜて揚げてある! これ美味しかったー! 鍋に入れてもよかったみたいですが、そのままいただきました。そのままが正解!

野菜の盛り合わせセット

椎茸。飾り包丁も入れてるし、何と言っても肉厚!

えのき。しっかりしててシャキシャキ。食材の質が良くて新鮮ですね、やはり。

牛肉、超フレッシュ! 台南のブランド牛肉で軽くしゃぶしゃぶする程度で食べて欲しいとお店の方が言ってました。それくらい新鮮とのこと。 

楽道麻辣鍋さんのタレと薬味

タレと薬味のコーナーがあるので、そこで自分のお好みのタレを作る感じになります。


複数のタレを作って、いろんなテイストを楽しむのが絶対おすすめ。

これ、台南ブランド牛のためのタレ。ちょっと甘め。ここに細切り状態のしょうがを投入ー。ドンピシャでした(笑)

本来はブランド牛をいただくためのタレのようだけど、普通にお鍋のつけだれとして、これが一番気に入りました。

胡麻ダレ↑ お酢も混ぜようかと思ったけど、胡麻だけにしました。ゴマの風味がしっかり!

沙茶ダレ↑ 台湾の火鍋の最もポピュラーなタレ。台湾で火鍋って言ったらこのタレっていう定番の味。

スーパーでも売ってます。パッケージに英語でバーベキューソースって書いてあるんんですが、台湾では炒め物にも使うしお鍋のつけだれとしても使われます。たぶん、台湾であれこれ食べてると、知らないうちにこのテイスト食べてるはず。

フールー↑ 日本で言う「もろみ」みたいな味でご飯にドンピシャ合うんです。うちの冷蔵庫にもいつもあります(笑)お鍋にもワンポイントで使うと楽しいってわかりました。

しょうゆもありました↑ 日本のものに近いタイプでした。

 

今回は7人で全て込みで4500元(サービスチャージは10%)でした。これだけ食べて1人約650元、日本円だと大まかに2000円ちょっとって感じでしょうか。あ、ちなみに台湾ビール金牌も1本オーダーしてます。


新鮮だし食材の質もいい感じなので激安を求めないのであればおすすめのお店です。

楽道麻辣鍋

http://www.hotpots.com.tw/

■仁愛店
台北市仁愛路四段345巷4弄6號
17:00~朝4:00

■中和店
新北市中和區員山路504-1號
17:00~夜中2:00


 

~PROFILE~

MOTOです。
2003年に初訪台し約1年の滞在で強烈な台湾ファンに!

その後も何度も訪台し、2008年には台湾のNPO法人さんとお仕事した際に超大まかながら台湾一周を実現。2013年、好きが高じて台湾に移住。

外食ビジネスを営む家で育つ。祖父は製麺工場。

そんな流れで台北では食べ歩きばっかり(笑)ワークアウトしてるので体脂肪率は17~18%台を何とかキープ。でも深刻なチョコレート依存症(笑)

マガジンハウス社の雑誌「anan」に掲載されました。

ananpic


→さらに詳しいプロフィール

~登場人物~

アイリン。
日本生まれの日台ハーフ。小学校から高校まで台北、大学4年間は日本、現在は台北在住。
2015年3月より「MOTOとアイリンのエンディングトーク」に出演。(記事の最初の部分にも結構出てます)

Twitter

月別アーカイブ

ヤフーカテゴリー登録サイト

台湾ロングステイ再び!はヤフーカテゴリ登録サイトです。
ページ上部へ戻る