台湾wifiルーターレンタル おすすめはコレだ!

MENU

速度や安定感、サポート体制に大きな差!3社のWiFiを台北市内で同時利用&リアルに比較しました!


料金も大事、でも現地で安定的に繋がることの方がもっと重要!

こんにちは。「台湾再び!」のMOTOです。台湾に完全移住して5年目になりましたが、今でも街歩きに欠かせないのはスマホです。

日常的に、スマホからグーグルマップをチェックして目的地までナビとして利用していて、僕にとってはなくてはならない必須ツールです。皆さんも日本で同じ感じですよね?

なので台湾を快適に旅行したいのであればWifiが絶対必須!出発前に空港で台湾向けのレンタルwifiルーターを借り、台湾に到着した直後からネットに繋げることができるのでお手軽です。

現地に着いてから中国語や英語などで面倒な手続きをする必要が一切なく、時間をロスすることが全く無いのもとても便利です。

さらに、wifiルーターはネット接続をシェアできるので、同行する友人、家族で1つレンタルしてしまえば費用も安くあがります。

→ 「海外wifiでこんなに便利!」はこちら



ただ、台湾向けのwifiレンタルならどの業者さんも同じ・・・値段の安いところを選べばOK・・・というわけではないです!

台湾向けwifiレンタルは主に3社ありますが、3社それぞれが提携している台湾の現地通信キャリアは異なっているからです!

日本でもドコモ、au、ソフトバンク、それぞれ繋がりや安定感に差があったりしますよね?台湾の場合、その差が結構大きいと感じることが多いです。

まして海外旅行ですからね!現地でナビとして使い倒そうと思ったら、繋がりが悪くて満足に使えず、結果、本来行きたいお店やスポット、思うようにまわれなかった・・・なんて残念なことは絶対に避けたいです。


wifiレンタルの比較をやってるサイトって結構ありますが、料金とか補償内容なんかをいくら比較したところで、あまり意味ないな~って思います。だって、現地でどれだけ繋がるか、安定してるか・・・これこそが最も大事なことですからね。

「台湾再び!」では、その部分を重要視して、台北市内で3社のルーター実機を持ち歩き、あちこちで繋がりや安定感を徹底検証を断行!

さらに、台湾でスマホを複数台持ち、現地の各通信キャリアの繋がり状況の追跡調査を日常的に実施!

さらにさらに、ローカル台湾人のネットワークから各社の繋がり状況の情報に関しても日常的に集め把握しています。

  • 台北市内でのルーター実機による接続速度や安定感
  • 台湾現地の通信キャリア利用による安定感を日常的に追跡

これらを徹底検証した結果を中心として、さらに

  • 通信トラブルへの各社のサポート体制
  • レンタル料金
  • 補償内容と費用
  • 受取・返却のしやすさ

これらを総合的に勘案して、台湾向けには、どのwiriレンタル業者さんがオススメなのか、明快にお伝えしています。

↑目次へ戻る↑


実際に3社のwifiを比較・追跡調査を継続してわかったこと!


通信速度・安定感

台湾では4Gがスタートして以降、突然、ネットに接続しづらくなるエリアがでてきたりしています。中継アンテナや加入者が多すぎることが原因と言われています。以前は3社そこまで差がなかった通信速度・安定性にバラつきが出てきています。
現在、現地での通信速度は台湾モバイル(=グローバルWiFiが提携)が最も安定
中華電信(=Wi-Hoが提携)が最大手ですが、加入者が圧倒的に多く、アンテナ設置状況によっては急に繋がりが悪くなったりする場合もあり。

→ 「予約・利用・返却までの流れ」はこちら

→ 「3社の通信速度を実測」はこちら

↑目次へ戻る↑



トラブルへのサポート体制

イモトのWiFiは、台湾での利用に関してはサポート窓口へ国際フリーダイヤルでかけられるので完全無料です。
グローバルWiFiは、業者側の責任の場合は帰国後に請求すれば国際通話料が返金されるので、フェアな対応を受けられます。
さらにグローバルWiFiに関しては、LineとSkypeによるチャット・音声通話によるサポートが24時間体制!宿泊先のホテルwifiや、TaipeiFree、セブンイレブン無料wifi、その他カフェの無料wifiを利用すれば無料でサポートを受けられる体制が整備されていて、こちらも非常に便利だし安心。
不具合に関する問合せは業者によって負担されるべき!下手すれば負担した通話料がレンタル金額を上回ってしまう場合もあります。

→→実際、実機にて一斉体験調査を実施した際に、3社のうち1社へ国際電話で問い合わせる事態が発生!業者側の責任でありながら管理人自身が通話料を負担・・・正直不快でした!!!少なくとも、業者側の不具合に関する問合せの国際通話料すらユーザーに負担させる業者は選びたくないですね。

→ 「現地からのサポート体制」はこちら

↑目次へ戻る↑



故障時、台湾で代替機確保OKな業者は?

グローバルWiFiだけは、台湾での代替機への交換が可能!!

→→これ以上のサポート体制はないですね、安心して利用できます!グローバルwifiは台湾の台北市に配送センターがあるので台湾での迅速な代替機提供が実現しています。海外で使うものだからサポート体制の質は非常に重要です。

→ 「万が一の際に、現地台湾で代替ルーターが受取れる!」はこちら

↑目次へ戻る↑



料金に関すること

レンタル料金は、Wi-HoとグローバルWifiがお得な水準になっています。
各社HPで見積もりを簡単に算出できるようになっているので利用してみましょう。

→ 「料金比較シミュレーション」はこちら

→ 「WiFiレンタルの料金概要」はこちら

↑目次へ戻る↑



補償に関すること

補償プランは各社ほとんど同水準の内容&料金体系であまり差がないです。

→→補償プラン(=保険)には必ず加入しておくべきです。なぜなら、紛失・破損時の弁償代金が非常に高額なためです(4万円程度)。反面、補償プランは1日200円程度なので、万が一の弁償を考えれば微々たる金額にしかなりません。加入必須です。

↑目次へ戻る↑



wifiルーターの受渡しに関すること

グローバルWiFiは受渡カウンターを全国14もの空港や港に設置!次点のイモトのWiFiは6空港のみであり、グローバルWiFiの圧倒的な充実ぶりが目立っています。
さらにグローバルWiFiの場合、台北松山空港で受取返却、さらには台北市内の宿泊予定ホテルでの受取返却にも唯一対応しています。

→→グローバルWiFiの日本全国の空港を大きくカバーしていて、ほとんどの場合、カウンターから直接手渡しで受け取り・返却ができるので安心です。各社の詳細については、当サイト内の詳細解説ページ、又は、各社のホームページにて確認してみてください。

↑目次へ戻る↑



wifiルーターの宅配での受取・返却について

Wi-Hoは受取りは無料配送になっていて安心。返却はユーザーが実費負担です。
グローバルWiFiは通常は受取り手数料が500円かかりますが、当サイトからのお申込みの場合、受取り手数料が自動的に無料となります。返却はユーザーが実費負担です。
イモトのWiFiは、受取手数料が500円。返却はユーザーが実費負担です。

→→空港での受け渡しができるので、配送はほとんどの場合不要だと思いますが、Wi-Hoとグローバルwifiは返却時のみ送料負担。イモトのwifiは受取、返却の両方でユーザーが負担となります。

↑目次へ戻る↑



必須だと実感したアイテム

予備バッテリーは必須!どのレンタル会社からレンタルしても1日中外出する場合、ルーターのバッテリーは途中でなくなります。

→→出発前にエネループなどを購入しておくことをオススメします。又は、wifiレンタルの会社でレンタル可能です。

→ 「バッテリーは丸1日は持たない!」はこちら

↑目次へ戻る↑




海外WiFiレンタル@台湾 体験的総合ランキング


グローバルWiFi
不具合が発生しても台湾国内で代替ルーターに交換可能!!
万全のサポート体制&通信速度も安定!文句なしで最もオススメ!



■ルーター不具合が発生しても現地台湾で代替機に交換可能!
■現地サポート会社があるため、これ以上ないサポート体制が実現している
■通信速度&安定感が最も快適な現地キャリア「台湾モバイル」と提携していて、通信サービスの面からも最もオススメな状態
■業者側に責任のある不具合の場合、国際電話による問合せ通話料は帰国後に請求することで返金される
■LINE、SKYPEによるチャット・音声通話による24時間サポート完備なので安心
■台北松山空港や台北市内のホテルでの現地受取&現地返却が可能
■タブレットPCのレンタルにも対応
■過去、顧客の個人情報の漏洩事故が発生していない唯一の業者
■東証一部上場企業
■「台湾モバイル」は現地でMOTOがメインで使っている通信キャリアです





イモトのWiFi
通信速度はややスローだがサポートは充実
通常プランでも大容量と謳っているが、他社の大容量プランの方が安いので注意


■サポート窓口へ国際フリーダイヤルで問合わせ可能。旅行者にとって非常に安心!!
■業者側の責任の場合は勿論、単純な質問等の問合せでも全て通話料無料での対応!
■現地キャリア「FarEastone」との提携であり、通信速度は3社中、最も遅いことは否めない
■通常プランでも大容量と謳っているが、他社の大容量プランの方が安いので要注意
■台湾での利用に関し、料金は3社中、最も割高な設定になっている
■過去、顧客の個人情報の流出事故が発生








テレコムスクエア Wi-Ho
料金的には安いのだが、旅行中のサポート体制は正直不安
提携先の中華電信は現地で最大手であるため加入者が多く、エリアによっては致命的に不安定な場合も



■業者側に責任のある不具合であっても、問合せの際の国際通話料はユーザーが負担・・・という理解に苦しむスタンスを堅持している
■台湾最大手通信キャリア「中華電信」との提携であり基本的にはネット接続は安定
■ただ、最大手であるがため台湾での加入者数が非常に多く、中継アンテナとの兼ね合いから致命的に不安定な通信状態に陥るエリアが出る場合がある
■台湾での利用に関し、料金的には最安値水準での提供
■過去、顧客の個人情報の流出事故が発生した